月別アーカイブ: 5月 2010

Foot and mouth disease – Dornod – Mongolia – OIE follow-up report

ProMED-mail Archive Number 20100526.1750
Published Date 26-MAY-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Mongolia (02): (DD) bovine, OIE

Date: Tue 25 May 2010
Source: OIE, WAHID (World Animal Health Information Database), weekly
disease information 2010; 23(21) edited]
 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9302

モンゴル国
OIE Event summary: Foot and mouth disease, Mongolia

前報
ProMED-mail Archive Number 20100506.1474
Published Date 06-MAY-2010
当ブログエントリー
 http://outbreaks.biz/2010/05/07/fmd-serotype-o-vaccination-mongolia/

Summary
Report type: follow-up report No. 1 追跡調査報告
Start date: 21 Apr 2010 発生日 2010年4月21日
Date of first confirmation of the event: 26 Apr 2010
Report date: 25 May 2010
Date submitted to OIE: 25 May 2010
Reason for notification: reoccurrence of a listed disease
Date of previous occurrence: 18 Oct 2005
前回発生 2005年10月18日

[Mod. AS氏解説: 中国国境に隣接したモンゴル国最東部 ドルノド県内(今回と同じ)で発生し、2005年では 血清型 Asia1 であった。]

Manifestation of disease: clinical disease 臨床症状あり
Causal agent: Foot and mouth disease virus
Serotype: O 血清型 O
Nature of diagnosis: clinical, laboratory (advanced)
This event pertains to a defined zone within the country
Summary of outbreaks
New outbreaks
Total outbreaks: 1
Outbreak 1: Zuun Shorvog, Buyanondor, Matad Soum, Dornod

[今回の血清型 O 初回報告 (発生日 2010年4月21日)では同県内の
 Tashgai Bayanburd, Khalkh gol soum, Dornod]

Date of start of the outbreak: 14 May 2010
Outbreak status: continuing (or date resolved not provided)
Epidemiological unit: farm
Affected animals:
Species / Susceptible / Cases / Deaths / Destroyed / Slaughtered
 Cattle / 226 / 37 / — / 226 / —
 Goats / 319 / — / — / 104 / —
 Sheep / 530 / — / — / 296 / —
    畜牛は全頭殺処分、ヤギ、羊は一部の殺処分。
Epidemiology
Source of the outbreak(s) or origin of infection: unknown or inconclusive
Epidemiological comments: a total of 74 215 animals have been
vaccinated and necessary actions have been implemented.

[口蹄疫 FMD]ワクチン接種は計 74 215頭で完了し、必要な対策を実施した。

Administrative division: Dornod ドルノド県

動物種 / ワクチン接種済頭数
Species / Total vaccinated

ブタ Swine / 21
ラクダ科動物 Camelidae / 663 [下記解説をご覧下さい]
畜牛 Cattle / 17 083
ヤギ Goats / 21 595
羊 Sheep / 34 853


[Mod. AS氏解説:
FMD World Reference Laboratory, Pirbright, FMD
 http://www.wrlfmd.org/fmd_genotyping/asia/mog.htm

“Current status: Sporadic
Serotype / Years
FMDV-Untyped / 1931 to 1973
FMDV-O / 1974(?), 2000-2002, 2004, 2010
FMDV-A / ????
 血清型 O と血清型 Aの口蹄疫ウイルス FMDV 発生は 1931-1973年の期間は間欠的に起こっていた。
FMDV-C / 0000
FMDV-Asia 1 / 2005
FMDV-SAT 1: 0000
FMDV-SAT 2: 0000
FMDV-SAT 3: 0000

1960年代前半、モンゴル東部ステップ地域 [同国東の大草原] Mongolia’s Eastern Steppe で発生した口蹄疫で数多くのガゼル gazelle が死んだ。
数年間で数回、モンゴルの野生動物での発生も報告されている。
 ProMED-mail Archives 20040219.0540
2004年、アンテロープ? 種の特定されていない動物で発生した。
モンゴルには、
 モウコガゼル zeren or white-tailed gazelle (Procapra gutturosa)
 コウジョウセンガゼル black-tailed gazelle (Gazella subgutturosa)
の 2種が多く、南西部では、サイガ Saiga or burhom (Saiga tatarica)が生息している。

モンゴルのラクダは フタコブラクダ Bactrian camel なので、過去に口蹄疫[ウイルス感染]が報告され、実験的にも証明されている。フタコブラクダとは対照的に、中東でよくみられる ヒトコブラクダ dromedary [Arabian camel]は 口蹄疫に耐性とされ、OIE’s International Animal Health Code によると、FMD に感染しやすい動物種のリストから除外されている。
]

広告

Foot and mouth disease – OIE – Japan, China, HK, Korea

ProMED-mail Archive Number 20100518.1641
Published Date 18-MAY-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – China (06): (HK) OIE, serotype O, SEA topo
香港
Foot and mouth disease – Hong Kong (SAR – PRC)*
Date of start of the outbreak 05/02/2010 [2010年2月5日]
serotype O, Southeast Asia topotype
 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9240
* Hong Kong Special Administrative Region of the People’s Republic of China

日本
Event summary: Foot and mouth disease, Japan
 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9155

中国
Event summary: Foot and mouth disease, China (People’s Rep. of)
 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=8988

韓国
Event summary: Foot and mouth disease, Korea (Rep. of)
 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&this_country_code=KOR&reportid=9126

[追加 2010-05-27]
モンゴル国
Event summary: Foot and mouth disease, Mongolia

[Mod. AS氏解説:
As already published, the HK, S. Korean, and Japanese isolates have all been found genetically closely related …
 http://www.wrlfmd.org/fmd_genotyping/far_east_2010.htm
… The HK isolates serve as the world’s sentinels for China’s current FMD epizootic.]

当ブログエントリーご参照下さい。
 http://outbreaks.biz/2010/05/01/fmdv-topotype-sea-genotype-mya-98-china-south-korea/
「OIE 国際獣疫事務局のFMD関連ウェブサイト…、中国からの追跡報告 No. 1 (12 Mar 2010, 広東省 Longcheng, Longgang, Shenzheng, GUANGDONG)のブタ口蹄疫感染情報には、特別行政区 香港の中の農場も含まれている。」

a farm owner traveled to China – spread of foot and mouth disease – South Korea

Archive Number 20100517.1621
Published Date 17-MAY-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – S. Korea (04): origin, RFI

韓国[大韓民国] 江華島 (カンファとう, こうかとう 仁川広域市)の1人の農場経営者 男性 48歳が極度に感染力の強い口蹄疫[ウイルス]を運んだようである (National Veterinary Research & Quarantine Service NVRQS 発表 [17 May 2010])。[家畜]動物 約 50 000頭の殺処分につながった 2010年4月の口蹄疫 (foot and mouth disease FMD)拡大に関係したようである。
2010年3月上旬、彼は中国に旅行し、適切な[検疫・]隔離対策を行わずに、自宅に戻った。
口蹄疫は最初に [報告 8 Apr 2010]、ソウルの西 60Kmの(江華島 Ganghwa Island)の彼の農場で検出された。畜牛 177頭中 9頭が致死性ウイルスに感染し、京畿道 Gyeonggi-do (province)、忠淸南道 (Chungcheongnam-do, South Chungcheong province チュンチョンナム=ド)のいろいろな散在した場所で計 11件を越える発生に拡大した。

京畿道 Gyeonggi-do (province キョンギ=ド)の農場 1施設で 2010年1月、口蹄疫ウイルス 血清型 A が見つかったときは、被害は比較的少なかった。1人の出稼ぎ労働者が原因となったようである (国が支援する機関が発表)。

[Mod. AS氏解説:
口蹄疫ウイルスは、ヒトの鼻腔内でしばらくの間、保持される可能性がある。

The FMD virus is known to be extremely contagious; it can be transmitted on fomites including clothing, footwear, vehicles etc. Virus stability increases at lower temperatures. It was reported to survive on bran and hay for more than 3 months in a laboratory. It can also remain viable for approximately 2 months on wool at 4 C, with significantly decreased survival when the temperature increases to 18 C (64 F), and for 2 to 3 months in bovine feces. Organic material protects the virus from drying and enhances its survival on fomites. Virus survival is also enhanced when FMDV is protected from sunlight. FMDV is inactivated at pH below 6.5 or above 11. This virus can persist in meat and other animal products when the pH remains above 6.0, but it is inactivated by acidification of muscles during rigor mortis. It can survive for long periods in chilled or frozen lymph nodes or bone marrow.

For additional information, see
 http://www.cfsph.iastate.edu/Factsheets/pdfs/foot_and_mouth_disease.pdf
]

foot and mouth disease – Japan – ProMED-mail – Twitter

ProMED-mail アーカイブ
[2010年]
Foot & mouth disease – Japan (39): (MZ) susp, NOT 20100903.3152
Foot & mouth disease – Japan (38): (MZ) susp. new case, RFI 20100902.3137
Foot & mouth disease – Japan (37): (MZ) resolved 20100828.3062
Foot & mouth disease – Japan (36): (MZ) update 20100826.3012
Foot & mouth disease – Japan (35): (MZ) update 20100726.2498 ※※
Foot & mouth disease – Japan (34): (MZ) update 20100722.2456 ※※

No.12 – No. 33 コピー元ブログページ(同一投稿者)
URL http://outbreaks.biz/foot-and-mouth-disease-promed-mail-twitter/

(No.33)
ProMED-mail Archive Number 20100716.2378
Published Date 16-JUL-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (33): (MZ) update
[Mod. AS氏解説:
国際獣疫事務局 OIE 【日本の口蹄疫】 宮崎市で7月4日、畜牛 1頭感染。計16頭殺処分。解決(05/07/2010)。以降、発生なし。(最終の追跡調査報告 No. 13 [OIE提出日 15/07/2010]で新規発生なし)
]
URL http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9155

Follow-up report No. 13
Start date 26/03/2010
Date of first confirmation of the event 20/04/2010
Report date 14/07/2010
Date submitted to OIE 15/07/2010
前回発生 05/2000

ブログ投稿者注
発生日 Start date 26/03/2010 (Follow-up report No. 3から)
初回通知報告 Immediate Notification では 07/04/2010
URL http://outbreaks.biz/2010/05/16/start-date-fmd-japan/

Twitter
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/18719624268

(No.32)
Archive Number 20100709.2298
Published Date 09-JUL-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (32): (MZ) update, OIE

[Mod. AS氏解説: 宮崎県高鍋町で個人が所有している 6頭の stud bull 種牛の殺処分については、口蹄疫ワクチン接種を受けていない、かつ血清学的検査が陰性であるという条件下で 中止を検討されてもよいかもしれない。]
Twitter
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/18158206991
In this posting:
[1] OIE report
Date: Wed 7 Jul 2010
Source: OIE, WAHID (World Animal Health Information Database), weekly
disease information 2010; 23(27) [edited]
URL http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9485
[2] News report
Date: Fri 9 Jul 2010
Source: Breitbart, Associated Press (AP) report [edited]

The owner in the town of Takanabe has rejected the prefectural government’s earlier recommendation to vaccinate and slaughter the stud bulls, while most of the livestock have been slaughtered in the town and its vicinity since the FMD outbreak in April [2010]. …

(No.31)
Archive Number 20100706.2242
Published Date 06-JUL-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (31): (MZ) new case
[2]
Date: Mon 5 Jul 2010
Source: The Mainichi Daily News [edited]
URL http://mdn.mainichi.jp/mdnnews/news/20100705p2a00m0na004000c.html

The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries then determined from photographs that the cow could be infected.

[Mod. AS氏解説:

興味深いことに、マスコミ報道によると、(可能な法的介入を考慮して ?!) 日本では口蹄疫 FMDの臨床診断に写真も利用している。
]

(No.30)
2010年6月18日、宮崎市内の肉用牛肥育農場主から通報があり、動物衛生研究所 海外病研究施設のPCR検査にて、翌日2010年6月19日陽性と判定された 番号 291例目の口蹄疫 FMD発生から宮崎県では新しい発生はない。
URL http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/nosei/chikusan/miyazakicow/h22koutei146.html

ProMED-mail Archive Number 20100701.2189
Published Date 01-JUL-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (30): (MZ) update
[Mod. AS氏解説:
“no new FMD cases in Miyazaki since 19 Jun 2010 (case 291 in Miyazaki city).”
ProMEDから PFI (request for information 情報依頼)した([下記] Item 4 in posting 20100629.2160)「日曜日(27日?)、宮崎市の農場 1施設 725頭の畜牛のうち、雌牛 4頭はFMDと診断された(宮崎県発表)。…」は誤報であった。]

Archive Number 20100629.2160
Published Date 29-JUN-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease – Japan (29): (MZ) update, RFI
[4]
Date: Sun, 27 Jun 2010
Source: SRZD Internacional (Rio de Janeiro) [Translated from Portuguese by
Mod.AS, edited]
URL http://www.sidneyrezende.com/noticia/92435+japao+sofre+com+epidemia+de+febre+aftosa

当ブログエントリー
URL http://outbreaks.biz/2010/06/29/fmd-final-stage-japan/

ProMED-mail Archive Number 20100625.2118
Published Date 25-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease, porcine – Taiwan (03): (YL), OIE
Date: 25 Jun 2010
Source: OIE WAHID Disease Information 2010; 23(7) [edited]
URL http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9449

台湾 Yun-Lin 雲林県 Baozhong Township 褒忠郷(ほうちゅうきょう)で口蹄疫 FMD 発生 2010年6月22日(確認日 同月25日)。家畜市場でのサーベイランスでブタ 1頭の NSP抗体陽性。発生源の養豚場で水疱病変治癒状態のブタ 112頭。同じ「おり」の動物を含む 163頭殺処分。FMD血清型検査中。
Twitter
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/17047160248

Summary
Report type: Immediate notification
Start date 22 Jun 2010 発生日 2010年6月22日
Date of 1st confirmation of the event 25 Jun 2010 確認日 同月25日
Report date 25 Jun 2010
Date submitted to OIE 25 Jun 2010
Reason for notification: Reoccurrence of a listed disease
Date of previous occurrence 25 Feb 2010 前回発生 2010年2月25日
Manifestation of disease: Clinical disease 臨床症状あり
Causal agent: Foot and mouth disease virus
Serotype: Pending

New outbreaks
Outbreak 1 Baozhong Township, Yun-Lin
Date of start of the outbreak 22 Jun 2010
Outbreak status: Continuing (or date resolved not provided)
Epidemiological unit: Farm 農場
Species Swine ブタ
Susceptible 1296 感染しやすい動物 1296頭
Cases 112 水疱病変が治った状態 112頭
 ”The clinical investigation showed that 112 pigs on the farm had healed vesicular lesions.”
Deaths 0
Destroyed 163 殺処分は 同じ「おり」の動物を含む
Slaughtered 0

ProMED-mail Archive Number 20100625.2117
Published Date 25-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease, bovine – Kazakhstan (04): regional resp., RFI
Date: Mon 21 Jun 2010
Source: Russia’s Federal Service for Veterinary and Phytosanitary
Surveillance (Rosselkhoznadzor) News [edited]
URL http://www.fsvps.ru/fsvps/news/2287.html?_language=en

[Mod. AS氏解説:
Russia’s concern about the risk of FMD introduction is fully justified. From unofficial, well-informed sources we have obtained the following complementary data:
非公式情報
1. カザフスタン北部 [Kokchetav (Aqmola), Akmolinskaya Oblast]アクモラ州 Novodolinka 村で2010年2月、かなりの数の子羊が生後、数日で急死したが検査未実施とのこと。

2. 同年3月、同国南部で家畜市場が閉鎖、警察検問(隣国 * キルギスタンでの口蹄疫発生疑いに対応)
* Kyrgyzstan concerning suspected FMD outbreaks in Chui, Talas, and Batken during the winter/spring months of 2009/2010 (Kyrgyzstan last FMD reports to the OIE date back to 2007/2008)

3.北部の州 [Kustanay, North Kazakhstan, Kokchetav (Aqmola), and Pavlodar]では、2010年初めから FMDワクチン中止。

Twitter
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/17045985365
]

(No.28)
Archive Number 20100622.2087
Published Date 22-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (28): (MZ) update
[1] Date: Mon 21 Jun 2010
Source: Miyazaki Prefecture website [in Japanese, trans. & summ.
submitter MY, edited]

[ブログ投稿者注: ホームページを参照し、一部データを最新情報に変更、追加しました]
2010年6月22日現在、PCR検査で確認された口蹄疫発生 [件数]は 291件。
平成22年6月22日 宮崎県口蹄疫防疫対策本部 宮崎県農政水産部資料
[宮崎県ホームページ 内の上記資料を Google Docs に複写しました。]

殺処分動物 全体集計:牛 37 102頭 豚 162 174頭 山羊・羊 17頭 計 199 293頭
291例目 確認日 2010年6月18日

宮崎県ホームページ 2010年6月22日記事
「216例目については、本日[6月22日]午後3時30分に殺処分を終了した。」

(No.27)
Archive Number 20100616.2023
Published Date 16-JUN-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease – Japan (27): (MZ) OIE

(No.26)
ProMED-mail Archive Number 20100615.2004
Published Date 15-JUN-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease – Japan (26): (MZ) costs
[Mod. AS氏解説:
2001年の英国での口蹄疫発生 (2001 FMD outbreak in the United Kingdom)では、英国 DEFRA (環境・食料・農村地域省)および DCMS (文化・メディア・スポーツ省)が行った調査の1つによると、国庫で補償したコストを含む農業およびフード・チェーンの損失額は GBP 3.1 billion (USD 約43.3億[ドル] 2001年換算)、観光支出によって直接影響を受けたビジネスの推定損失 GBP 2.7-3.2 billion [USD 約38-45億ドル]。
For the detailed document “Economic cost
of foot-and-mouth disease in the UK (DEFRA/DCMS, March 2002), see
URL http://archive.cabinetoffice.gov.uk/fmd/fmd_report/documents/d-govtpublications/DEFRA_DCMS.pdf
.]

(No.25)
ProMED-mail Archive Number 20100612.1967
Published Date 12-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (25): (MZ) update, control policy
当ブログエントリー
URL http://outbreaks.biz/2010/06/13/major-fmd-epizootic-japan-2010/

(No. 24)
ProMED-mail Archive Number 20100611.1960
Published Date 11-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (24): (MZ) spread, OIE
[Mod. AS氏解説:
口蹄疫問題での日本の内閣総理大臣の関与は (2010年6月12日、感染地域の視察計画によっても示されるが)、2001年に英国で大流行した口蹄疫も思い起こさせる (another reminder of the major FMD epizootic) 。当時、国政選挙は延期され、首相 Tony Blair トニー ブレア は防疫努力ならびに根絶活動を支援するため軍隊の動員に重点的に取り組んだ。
2001年の英国における動物間流行病 口蹄疫 (2001 UK FMD epizootic)に関する報告「学ぶべき教訓 “Lessons to be learned”」
URL http://archive.cabinetoffice.gov.uk/fmd/fmd_report/report/
上記ウェブサイトで入手できます。
]

(No.22 再掲)
Archive Number 20100609.1925
Published Date 09-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (22): (MZ) update
[Mod. AS氏解説:
農林水産省の公式ウェブサイトで入手可能なデータによると、2010年6月8日現在、[宮崎県内の] 口蹄疫[に感染した家畜動物が確認された]感染農場は 279施設である。…]
(No.23)
Archive Number 20100610.1942
Published Date 10-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (23): (MZ) spread
Date: Thu 10 Jun 2010
典拠 Source: Bloomberg Businessweek [edited]
URL http://www.businessweek.com/news/2010-06-10/disease-spreads-to-japan-s-biggest-pork-beef-city-update1-.html
[Mod. AS氏解説:
今までの口蹄疫感染農場 279施設は宮崎県の中央部に限られていた。最新の発生は鹿児島に隣接する宮崎県西部に拡大している。]

ProMED-mail Archive Number 20100609.1928
Published Date 09-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – S. Korea (06): (GN) update, wild boarDate: Mon 7 Jun 2010
Source: OIE-WAHID notification – S.Korea’s follow-up report No 5 [abridged, edited]
URL http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9354
韓国では、忠淸南道 Chungcheongnam-do 青陽郡 チョンヤン グン Cheongyang-gun の口蹄疫 FMD 発生の後、口蹄疫管制圏内で移動制限を解除するため全ての偶蹄類の動物で血清学的検査を実施しているが、イノシシ wild boar 農場 1施設で 9血清検体が陽性(FMDウイルス抗体)となった。同疑い農場から血清を再収集し[再検査]後、ELISA法による抗体検査で 22検体が陽性となった (2010年6月7日)。RT-PCR法では FMD抗原は検出されなかった。
12:20 PM Jun 10th
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/15822543375

(No.22)
Archive Number 20100609.1925
Published Date 09-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (22): (MZ) update
Date: Wed 9 Jun 2010
Source: Bloomberg Businessweek [edited]
URL http://www.businessweek.com/news/2010-06-09/japan-sees-high-risk-of-foot-and-mouth-expansion-update1-.html
[宮崎県では] 現時点で 185 999頭の口蹄疫感染動物が発見された (ブタ 152 871頭, 乳牛・畜牛 33 111頭): 国内の全養豚場 1.5%, 全ての牛の畜産農場 0.7%に相当 (農水省)。殺処分後埋却 154 000頭。さらに未感染動物を含む 122 000頭を処分する計画 [同省安全局植物防疫課検疫対策室 9 Jun 2010]
9:21 AM Jun 10th
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/15811946317

(No.21)
ProMED-mail Archive Number 20100606.1890
Published Date 06-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (21): (MZ) update
[Mod. AS氏解説:
実験的に口蹄疫ウイルス FMDV を感染させた water-buffalo 水牛 (インドスイギュウ Indian water buffalos )に関する論文、写真。
 Bubalus bubalis 沼[沢]水牛
V. Maroudam, S. B. Nagendrakumar, M. Madhanmohan, P. Santhakumar, D. Thiagarajan and V. A. Srinivasan (2008). Experimental Transmission of Foot-and-Mouth Disease among Indian Buffalo (Bubalus bubalis) and from Buffalo to Cattle. J. Comp. Path. Vol. 139, 81-85.

口蹄疫にかかったバッファローでは、頬[粘膜]、歯茎/歯肉、足の病変は目立つが、舌病変はそうでない。

1. In buffalo with FMD, buccal, dental pad/gum and foot lesions are prominent but not tongue lesions.

バッファローでの[口蹄疫ウイルス]潜伏期間は変動したり延長するかもしれない。

2. The incubation period for buffalo may be variable and prolonged.

直接接触すると、畜牛で 7日、バッファローで 9-21日後に発症する。

3. Direct contact produced clinical disease in cattle and buffalo in
7 days and 9 – 21 days, respectively.

インドでは (時々、農場主が酪農のためバッファローと畜牛と一緒に飼育するが)、口蹄疫は畜牛ではっきり現れることが多く、バッファローでは明らかでない (感染源の確定が困難となる) ことが観察された。

4. In India, where farmers sometimes rear both buffalo and cattle together for milk production, it is observed that FMD is often overt in cattle but covert in buffalo, making it difficult to establish the origin and source of infection.

バッファローでは感染時、軽度の臨床所見 minor clinical signs のみ現れる可能性がある; 健康な畜牛および他のバッファローに対する直接接触による感染源となりうる。
]

(No. 20)
ProMED-mail Archive Number 20100605.1864
Published Date 05-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (20): (MZ) update
当ブログエントリー
URL http://outbreaks.biz/2010/06/06/fmdv-tsuno-farm-on-26-march-2010/
「… 宮崎県都農町のこの1番目の農場にどうして、どこから(中国や韓国で循環しているFMD) ウイルスが入ったか…」

ProMED-mail Archive Number 20100604.1847
Published Date 04-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Mongolia (03): (DD), control measures
[Mod. AS氏解説:
モンゴル獣医サービス Mongolia’s Veterinary Services は動物間流行病の効率的制御に関して長年にわたり高く評価されている。口蹄疫 FMDについてのモンゴルの公式な対策は必要なときにワクチン接種を行う。2009年、野生動物で口蹄疫が発生したとき、続いて(恐らく地域的に)家畜のワクチン接種 (計 1 684 179頭)を行った。

According to OIE’s data, 81 622 camels (29.67 percent of their total national number), 273 678 cattle (10.61 percent), 668 858 goats (3.44 percent) and 660 021 sheep (3.45 percent) were vaccinated during 2009.

[中国国境に隣接したモンゴル国最東部] Dornod ドルノド県内で2010年4月末に FMDが発見されたとき、厳しい隔離対策が迅速に適用された。複数の感染農場周囲の ring vaccination 輪状ワクチン接種 [発生地を特定しその周辺でワクチン接種すること] または 再接種を併用した。In OIE terminology: “vaccination in response to the outbreak 発生に応じてのワクチン接種”

因みに、日本では公式な対策は “Vaccination prohibited” ワクチン接種禁止であるが、FMD発見 1か月後に [モンゴルのように] 発生に応じてのワクチン接種の適用を決定した。
]

(No.19)
Archive Number 20100602.1838
Published Date 02-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (19): (MZ) update
Date: Wed 2 Jun 2010
Source: Japan’s MAFF web-site, daily FMD press releases [trans,
abridged, edited]

2010年6月2日 11件発生
[Mod. AS氏解説:
宮崎県では、防疫対策の1つとして口蹄疫ウイルス血清型 Oに対する油性アジュバント死滅ウイルスワクチン Oil-adjuvant killed vaccine を 畜牛 45 612頭、ブタ 79 603頭に投与した。2010年6月1日時点での発生総数 253件。OIE 国際獣疫事務局届出]
10:40 AM June 3rd
URL http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9155
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/15292039239

ProMED-mail Archive Number 20100602.1835
Published Date 02-JUN-2010
Subject PRO/AH> OIE: 78th annual general session
Date: Wed 2 May 2010 [accessed]
Source: OIE Press release [abridged, edited]
URL http://www.oie.int/eng/session2010/PDF%20Press%20releases/PRESS78_EN.pdf

国際獣疫事務局世界総会 第78回年次総会
口蹄疫に関しての記事[抽出]

新しく”口蹄疫フリー free of FMD”と認められた国の地域 (全域 or 一部 / ワクチン接種あり or なし): ボツワナ共和国 Botswana, レソト Lesotho, フィリピン共和国 the Philippines, サンマリノ共和国 San Marino, トルコ共和国 Turkey。スワジランド Swaziland は 9年間のclose [閉鎖]の後、”ワクチン非接種で口蹄疫フリー状態”に復帰した。
78th Annual General Session of the World Assembly of the World Organisation for Animal Health (OIE), 23-28 May 2010
8:56 AM June 3rd
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/15285971163

ProMED-mail Archive Number 20100601.1824
Published Date 01-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – S. Korea (05): (GN), update
Date: Tue 1 Jun 2010
Source: The Korea Times

韓国 (農林水産食品部 2010年6月1日発表) 忠淸南道 Chungcheongnam-do 青陽郡 チョンヤン グン Cheongyang-gunで 雌牛 4頭の口蹄疫 FMD感染発見(同農場の全54頭殺処分決定)。[Mod. AS氏解説: 忠淸南道内での前回発生は2010年5月6日。] 2010年4月上旬からの同国各種防疫対策の終了に向けての精密検査であった。 2010年の処分頭数は約 5万。感染した動物がさらに発見されなければ、動物の移動禁止をすぐに解除する予定である。
8:59 AM June 2nd
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/15212687938
[同解説:
[韓国] … Early identification of the disease, followed by meticulous application of stamping-out policy and strict quarantine measures, contributed to the successful control of the outbreak. The virus is genetically similar to recent isolates from China (Hong Kong) and Japan.
[日本] Japan has been less fortunate, mainly due to the several weeks delay in the initial detection of the disease.
]

Archive Number 20100531.1816
Published Date 31-MAY-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – China (07): (Tibet), porcine, serotype O
[1] Date: Mon 31 May 2010
Source: China’s follow-up report to OIE on FMD
URL http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9322
[2] Date: Mon 31 May 2010
Source: Business Week [edited]

…by Shenyin & Wanguo Securities Co. analyst Zhao Jinhou, who said in today’s [31 May 2010] report that revenue from sales of vaccines for foot-and-mouth disease will increase “by a large margin.”

中国チベット自治区シガツェ地区 Shigatse (Xigatse Rikaze) で2010年5月17日、口蹄疫 FMD 発生し、ブタ 701頭殺処分。同国では2010年2月22日の発生(血清型 O型)から 11件目のOIE報告。今の防疫方針は「ワクチン非接種」であるが、アナリストによるワクチン利益話で企業(C社)の株価上昇。
1:06 PM June 1st
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/15155785682

(No.18)
Archive Number 20100530.1797
Published Date 30-MAY-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (18): (MZ) update
Date: Sun 31 May 2010
Source: Japan’s MAFF web-site, daily FMD press releases of 29 and 30 May 2010 [Trans., abridged, edited]
Confirmed FMD outbreaks of 29 and 30 May 2010
[Mod. AS氏解説:
2010年5月27日、28日の2日間は新規発生 3件/日で、それ以前の1日当たり 8件に比べて減少したが、6-8件/日に戻ったようである。いずれにしても、計画された[口蹄疫]根絶をすぐに達成するために、感染農場の周囲 10 km以内の感染しやすい全動物の殺処分を進める(進行性破壊 progressive destruction)ことが期待される。]
10:58 AM May 31st
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/15078064509

(No.17)
ProMED-mail Archive Number 20100528.1779
Published Date 28-MAY-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (17): (MZ) update

[Mod. AS氏解説:
国際獣疫事務局 OIE 陸生動物衛生規約 Terrestrial Animal Health Code, 条 article 8.5.45, 項 point 2 に、口蹄疫 FMD発生後の FMD根絶のため、ワクチン接種後に殺処分を行う防疫対策が明記されています。

“2. slaughter of all clinically affected and in-contact susceptible animals and vaccination of at-risk animals, with subsequent slaughter of vaccinated animals.”
URL http://oie.int/eng/normes/mcode/en_chapitre_1.8.5.htm

Japan regards, apparently, all susceptible animals within a 10 km zone around each outbreak as at-risk, therefore vaccinated.

同規約 条 (article) 8.5.8. (“Recovery of free status”)
では、ワクチン接種を行っていない FMD free 口蹄疫フリー [の国であるとの] 復権[再認定] 申請は、全ワクチン接種動物の殺処分 (同規約 8.5.40 条から 8.5.45 条に従って、口蹄疫根絶対策、緊急ワクチン接種、血清学的サーベイランスが行われた発生地において)の 3か月後となります。
]
2:01 PM May 29th
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/14956105081

(No.16)
ProMED-mail Archive Number 20100527.1764
Published Date 27-MAY-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (16): (MZ) update
[1]
Date: Thu 27 May 2010
Source: OIE, WAHID, weekly disease information 2010; 23(21)
URL http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9281
[2]
Date: Thu 27 May 2010
Source: Japan’s MAFF web-site, daily FMD press release [trans. abridged, edited]URL http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/pdf/100527-01.pdf

[Mod. AS氏解説:
口蹄疫 FMD 確定発生数 2010年5月24日 7件、同月25日 9件、同月26日 9件に比べて、ring vaccination 輪状ワクチン接種 [発生地を特定しその周辺でワクチン接種すること]がほぼ終了するとともに、本日[5月27日]の明らかな発生減少(新規 3件)は、動物間流行病 FMD が頭打ちとなった前兆の可能性があると期待される。]
0:21 PM May 28th
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/14879767462

On Thu 27 May 2010, 3 new outbreaks (Nos 219 – 221) were confirmed as PCR positive, as follows:
No. / District / Municipality / Animal sort / Sampling date / comment
—————————–
219. Koyu / Kawaminami Town / Beef cattle / 25 May 2010
220. Koyu / Tsuno Town / Beef cattle / 26 May 2010 / Detected by the
vaccination team upon visit
221. Koyu / Kawaminami Town / Beef cattle / 26 May 2010 / Vaccinated
on 24 May 2010

(No. 15)
ProMED-mail Archive Number 20100526.1753
Published Date 26-MAY-2010

[Mod. AS氏解説: 2町 4施設 (養豚場2、牛舎(酪農,牛肉)計2)のワクチン接種 1-3日後のPCR検査陽性 (1日後 2, 2日後 1, 3日後 1)。口蹄疫ワクチン接種前に感染していた可能性が高い。ワクチン接種従事の複数の vaccinators ワクチン接種者[ブログ投稿者注: 獣医師]が同じ日に作業した場合、知らず知らず次の訪問先へウイルスを伝染させる可能性あり(防疫対策の問題点)。]
1:20 PM May 24th
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/14812224797

Arnon Shimshony 氏 (ProMED-mail Animal Disease and Zoonoses Moderator) コメントは
Wikipedia “http://ja.wikipedia.org/wiki/2010年日本における口蹄疫の流行” にも引用。

[1] Date: Wed 26 May 2010
Source: Japan’s MAFF web-site, daily FMD press release [Trans.,
abridged, edited]
URL http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/pdf/100526-01.pdf

FMD situation as of 26 May 2010
——————————-
On Wed 26 May 2010, 9 new outbreaks of foot and mouth disease (FMD)
(Numbers 210 – 218) were confirmed as PCR positive, as follows:
Number /District/Municipality/Animal sort/ Sampling date/ comment
————————————————————–
210. Koyu/ Kawaminami Town/ Dairy cattle/ 24 May
211. Koyu/ Kawaminami Town/ Beef cattle/ 25 May
212. Koyu/ Tsuno Town/ Beef cattle/ 25 May
213. Koyu / Takanabe Town/ Swine / 25 May / Vaccinated 22 May
214. Koyu / Kawaminami Town/ Swine / 25 May / Vaccinated 24 May
215. Koyu / Kawaminami Town/ Swine / 25 May
216. Koyu / Takanabe Town/ Beef cattle / 25 May /vaccinated 23 May
217. Koyu / Kawaminami Town / Beef cattle / 25 May
218. Koyu / Kawaminami Town / Dairy cattle / 25 May / Vaccinated 24 May

(No. 14)
ProMED-mail Archive Number 20100526.1747
Published Date 26-MAY-2010
[Mod. AS氏解説:

ワクチン接種された動物は 食肉処理されるのか、殺処分されるのか ? 殺処分を目的としたワクチン接種 “vaccinate to kill” の方針に変更はないのか ?
今週、OIE 国際獣疫事務局はパリで年次総会 General Sessionを開催 [23-28 May 2010]し、加盟国と地域の代表 175 …が参加している。日本での FMD 口蹄疫発生がトピックスの1つとして報告、協議されるとすれば当然のことである。日本は最近の発生まで、ワクチン接種を行わない FMD-free 口蹄疫フリー諸国のリストに含まれていた。]
7:06 AM May 27th
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/14791123451

(No. 13 日本国内の口蹄疫更新情報)
ProMED-mail Archive Number 20100525.1743
Published Date 25-MAY-2010

ProMED-mail Archive Number 20100523.1713
Published Date 23-MAY-2010

口蹄疫 FMD[が風土病である]ネパール 極西部 Mahakali Zone マハカリ県 Kanchanpur District カンチャンプール郡 [マヘンドラナガル]の Shuklaphanta Wildlife Reserve (野生動物保護地区 ヌマシカだけで 1700頭以上生息)で、FMDにより既に ヌマシカ swamp deer 6頭, アクシスジカ chital 3頭, イノシシ boar 3頭を含む12頭以上が死んだ。
11:54 AM May 24th
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/14596802439
[Mod. AS氏解説:
FMD is endemic in Nepal. During 2009, serotypes O and Asia 1 were reported.]
[Archive Number No. 20090625.2318]

(No. 12)
ProMED-mail Archive Number 20100521.1692
Published Date 21-MAY-2010

[Mod. AS氏解説:
日本の動物間流行病の進展は、2001年の英国での口蹄疫発生の第1期 (行政や経済への影響を含めて)を思い起こさせる。英国との違いは現時点で 1県内に限局していること。殺処分を目的とするワクチン接種に加えて、貴重な繁殖用家畜、純血種の雄牛、絶滅危惧の動物種など選択した動物を生かすための予防ワクチンも当局は考えているのか? はっきりしない。口蹄疫ワクチン接種動物、およびその製品はヒトが食べるために完全に適合していると強調するだけの価値がある。]
1:25 PM May 22th
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/14473777262

From the published data, it is not clear if the authorities consider, on top of their “vaccination to slaughter” policy (which deserves discussion…), also preventive vaccination of selected animals to be kept alive, such as vaccination of valuable breeding stock, pedigree bulls and endangered species. It is worthwhile to stress that FMD-vaccinated animals, and their products, are absolutely fit for human consumption. …

ProMED-mail Archive Number 20100521.1690
Published Date 21-MAY-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease – Brazil: vaccination activities

口蹄疫ワクチン接種率 ウルグアイ 50%以上、ブラジル(主要食肉輸出国) リオグランデ・ド・スル州 わずか 20%(ともに FMDフリー認定地域) [Mod. MHJ氏解説: ブラジル各州、特にサンパウロ, サンタカタリナの農村部は混乱しているとの情報もある。]
10:25 AM May 22th
URL http://twitter.com/TweetMedmail/status/14465853121

2010年、日本で発生した口蹄疫については、ProMEDメール
Foot & mouth disease – Japan (06): (MZ) update から Twitter単独で
 世界の感染症速報情報-出典 ProMED-mail
  http://twitter.com/TweetMedmail
かつ、解説概要(日本語)のみ配信しています。

OIE 国際獣疫事務局へ届出された発生日: 26/03/2010 (追跡調査報告 No.3 から)
 http://outbreaks.biz/2010/05/16/start-date-fmd-japan/

(No. 11)
ProMED-mail Archive Number 20100519.1646
Published Date 19-MAY-2010

口蹄疫対策として殺処分目的のワクチン接種(オランダ: 感染地帯の周囲での早期予防ワクチン有望[下記投稿])に幾分、類似しているが、日本での初期目標は主に、殺処分が遅れた感染動物からのウイルス排出増加と既感染地域内での拡大を防止することである。
7:05 AM May 20th
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/14328534593

英国2001年口蹄疫クライシス(2001年2月19日、感染ブタ発見)で、同国では 1千万頭を超える羊や畜牛が殺処分された。オランダにも拡大し、感染拡大を阻止するため両国でワクチンが使われた。感染農場をワクチン接種した動物で囲う対策で、発生終息後、殺処分となった。 [CNN記事等]
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/14325422961

 http://edition.cnn.com/2001/WORLD/europe/03/28/disease.vaccination/
 How are vaccinations used?

The Dutch and British are seeking to “ring fence” infected farms, vaccinating animals around infected sites. When the outbreak is over, vaccinated animals could be slaughtered.

Wikipedia “2001 United Kingdom foot-and-mouth crisis”
 http://en.wikipedia.org/wiki/2001_United_Kingdom_foot-and-mouth_crisis
6:05 AM May 20th

日本の口蹄疫に関する[正確な最新]情報の(ProMEDメールを通じての)世界への[英文による速報]配信は、主に、コミュニケーター Iizuka 氏、Yamazaki 氏などの献身的なご努力によるものです (他、報道メディア, 国際獣疫事務局 OIE, 当局など)。
7:05 PM May 17th
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/14199233511

(No. 10)
ProMED-mail Archive Number 20100517.1619
Published Date 17-MAY-2010

純血種の和牛雄牛 6頭(高鍋町[宮崎県家畜改良事業団])は当初、西米良村の新築[仮設]牛舎を予定していたが、避難先を西都市に変更。2日間で約 60Km移動。出発前の種牛の PCR検査は陰性。このようなケースでは、口蹄疫[FMD]フリー諸国の国際的に容認された代替手段(ワクチン接種等)は検討に値する。
9:34 AM May 18th
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/14193882712

(No. 9)
ProMED-mail Archive Number 20100515.1597
Published Date 15-MAY-2010

高鍋町 “宮崎牛”種牛施設 [Mod. AS氏解説: 人工授精センターでの口蹄疫発生は深刻な問題(疫学的、経済的、畜産学的)へ進展。貴重な遺伝子資源への深刻なリスクの解決可能策として検討に値するものの 1つは、これら動物に対する予防ワクチン接種である。]
5:43 PM May 15th
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/14067315786

(No. 8)
ProMED-mail Archive Number 20100514.1578
Published Date 14-MAY-2010

口蹄疫ウイルス 全ゲノム配列 (8123 ヌクレオチド) http://bit.ly/cIoQhg ブタ上皮病変(3月3日 香港) / トポタイプ SEA(遺伝子型Mya-98) 血清型 O
8:28 PM May 14th
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/14015526423

 FMD Situation in the Far East – 2010
 (draft version of this sequence is available … accession number HM229661)
 http://www.wrlfmd.org/fmd_genotyping/far_east_2010.htm

(No. 7)
Archive Number 20100513.1563
Published Date 13-MAY-2010

(No. 6)
ProMED-mail Archive Number 20100511.1536
Published Date 11-MAY-2010

OIE 国際獣疫事務局への日本の届出(2010年4月20日)によると、同日付で輸出国際動物衛生証明書を一時停止としたが、[豚肉輸入大国の]日本は国内の豚肉を香港へ輸出[再開]した(政府発表 5月10日)。宮崎県に関係していないことが前提かもしれないが ?
4:49 PM May 11th
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/13817125238

(No. 5)
ProMED-mail Archive Number 20100509.1520
Published Date 09-MAY-2010

宮崎県の口蹄疫(5月9日現在)発生56件,3クラスター 都農町/川南町/えびの市 牛4747頭、豚59607頭、計64354頭 http://bit.ly/9JWla2 同県農政水産部資料等
9:44 PM May 9th
 http://outbreaks.biz/2010/05/10/fmd-64354-animals-miyazaki-japan/
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/13708378372

(No. 5 item 2)
ProMED-mail Archive Number 20100509.1520
Published Date 09-MAY-2010

日本は世界の豚肉輸入大国。南東アジアからの豚肉(非加熱処理)輸入量? http://bit.ly/aZoNuw 口蹄疫:ブタは大量ウイルス産生(宮崎県発生は 3月26日)
7:52 PM May 9th
 http://outbreaks.biz/2010/05/10/foot-and-mouth-disease-pork-importer-japan/
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/13703401682

(No. 4)
ProMED-mail Archive Number 20100507.1487
Published Date 07-MAY-2010

口蹄疫ウイルス 日本株も中国/香港,韓国の分離株と同様に最も近縁の基準株O/MYA/7/98 http://bit.ly/9aouEr 感染くず肉を食べたブタ..[によって、food waste 食品廃棄物を介して感染が発生した可能性がある…]
5:13 PM May 7th
 http://outbreaks.biz/2010/05/08/fmd-biosecurity-food-waste-infected-meat-scrap/
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/13577761942

(No. 3 update)
Archive Number 20100505.1463
Published Date 05-MAY-2010
Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan (MAFF) official update

(No. 2 update)
ProMED-mail Archive Number 20100502.1429
Published Date 02-MAY-2010

OIE 国際獣疫事務局への届出(公開)によると、宮崎県内の口蹄疫の発生日は 4月7日から追跡調査報告(1, 2)では 3月31日に変更されている。 http://bit.ly/b8Hhpw
6:10 PM May 2nd
 http://outbreaks.biz/2010/05/03/start-of-event-fmd-miyazaki-japan/
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/13277219413

(update)
Archive Number 20100429.1392
Published Date 29-APR-2010

(No. 3)
Archive Number 20100428.1367
Published Date 28-APR-2010

(No. 2)
Archive Number 20100424.1330
Published Date 24-APR-2010

(No. 1)
ProMED-mail Archive Number 20100420.1284
Published Date 20-APR-2010

口蹄疫 foot and mouth disease virus FMD ウイルスによる感染/日本の農場で再発 http://bit.ly/dl1T0G 情報源 OIE/血清型は検査中
9:56 PM Apr 20th
 http://outbreaks.biz/2010/04/21/foot-and-mouth-disease-cattle-japan/
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/12559186586

以上

start date – foot and mouth disease – Japan

データベース World Animal Health Information Database (WAHID)
Event summary: Foot and mouth disease, Japan
 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9155

Japan has submitted the following immediate notification and follow-up report (s) to OIE [国際獣疫事務局].

Report type Immediate notification
Start date  07/04/2010

Report type Follow-up report No. 1
Start date  31/03/2010

Report type Follow-up report No. 2
Start date  31/03/2010

Report type Follow-up report No. 3
Start date  26/03/2010

Report type Follow-up report No. 4
Start date  26/03/2010

国際獣疫事務局 口蹄疫 日本 Immediate notification

FMD Outbreak 1 Tsuno-cho Koyu-gun 2, MIYAZAKI

国際獣疫事務局 口蹄疫 日本 Follow-up report No. 1

FMD Outbreak 5 Tsuno-cho Koyu-gun 1, MIYAZAKI

FMD – total 64354 animals – as of 9 May 2010 – Miyazaki – Japan

ProMED-mail Archive Number 20100509.1520
Published Date 09-MAY-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (05): (MZ) update
Date: 9 May 2010
Source: Miyazaki Prefecture web-site [trans., abridged, edited]

宮崎県内の口蹄疫 1例目 確認日 2010/4/20(確定日 2010/4/23)からの感染農場の数(=発生数)は、2010年5月9日現在、56となった。

3つのクラスター(集団)発生
Tsuno town 都農町 3件 (No 1, No 5, No 2)国内で初めての発生地 [2000年以来]
Kawaminami 川南町 51件 (都農町から約 3Km)
Ebino city えびの市 2件 (上記の2つのクラスター発生地から西へ約 60Km)

発生 56件のうち、畜牛農場 30 (酪農 または 食肉用), 養豚場 25, 混合型農場 (水牛および養豚 No 5) 1。

全体集計: 牛 4747頭、豚 59 607頭、合計 64 354頭

  平成22年5月9日現在 宮崎県口蹄疫防疫対策本部 宮崎県農政水産部

Communicated by:
Kunihiko Iizuka

[宮崎県のPDF資料は情報更新時、旧ファイルを削除し新ファイル名で作成されるようです。]
 http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/nosei/chikusan/miyazakicow/h22kouteindex.html

Foot and mouth disease – world's major pork importer – Japan

ProMED-mail Archive Number 20100509.1520
Published Date 09-MAY-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (05): (MZ) update

[Mod.AS氏解説:
データベース World Animal Health Information Database (WAHID)
Event summary: Foot and mouth disease, Japan
 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9155
Japan’s follow-up report No 3 (Report Date 05/05/2010)
 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9219

追跡調査報告 No3 (報告日, OIE 国際獣疫事務局届出 ともに 2010年5月5日) の疫学的コメントでは、
「口蹄疫発生は2010年4月29日から同年5月5日の期間で13件、追加された。すべての感染農場は、同年4月20日および同月28日、移動制限地域と確定した場所である。動物の殺処分を行っている。」
日本の[感染]防止政策は [ウイルス]駆除 stamping out に基づいている; [感染]予防・防止活動の援助を自衛隊は依頼された。
日本で発生した口蹄疫の最初の臨床的な確認は、畜牛 (顕著な所見が現れる[動物]種)で行われた; しかし、病気は、ほぼ確実に豚 (by the digestive route) で、より早期に発生したと判断可能かもしれない。Tsuno Town [宮崎県児湯郡 (こゆぐん) 都農町 (つのちょう)] (outbreak No 5)の水牛とブタの混合畜産農場の水牛で、2010年4月23日、ウイルスが確認されたことに一部、基づいている。特に、この発生 Tsuno Town (outbreak No 5)は、公式の日本の報告によると、2010年3月26日にすでに始まっていた。
日本は世界の豚肉輸入大国である; 国連食糧農業機関 FAO の統計データによると、2007年 (入手できた最新の数値)の年間豚肉輸入量は USD 34億ドル超の金額であった。2010年の南東アジア SE Asian sources からの豚肉 (非加熱処理) の[輸入]量に関するデータが得られると興味深いであろう。
豚からのウイルス拡大は、直接および間接接触に加えて、エアロゾルによっても起こる。口蹄疫ウイルス FMDV 血清型 Oの風での拡散は英国で1967/8年の広範な動物間流行で、はっきり証明され、また実験的に確認された。豚は非常に大量のウイルスを産生し、天候によって、ウイルスは遠方まで風で運ばれる: 数百メートルから数キロメートルまたは さらに[遠方]。さらに、畜牛は呼吸器感染を非常に受けやすい。
]

Date: 9 May 2010
Source: Miyazaki Prefecture web-site [trans., abridged, edited]
Kunihiko Iizuka

ProMED投稿記事の出典 PDF文書(宮崎県)がリンク切れのため、確認後、追加配信いたします(解決)。
新しいエントリーをご覧下さい。
ProMED-mail Archive Number 20100509.1520 (追加)
(宮崎県口蹄疫防疫対策本部宮崎県農政水産部 公開資料等)
 http://outbreaks.biz/2010/05/10/fmd-64354-animals-miyazaki-japan/

当ブログエントリー
ProMED-mail Archive Number 20100420.1284
 http://outbreaks.biz/2010/04/21/foot-and-mouth-disease-cattle-japan/
など、ご参照下さい。

sales and net income rise – hog and pork prices fell – China

ProMED-mail Archive Number 20100508.1500
Published Date 08-MAY-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease – China (05): update, RFI

中国の豚肉加工会社 Z[略]社は、第1四半期の純利益は販売増加により 37%増と発表 [7 May 2010]。…
成豚および豚肉価格は中国南部での口蹄疫発生のため、前の四半期に比べて約 10%下落した。

[Mod. AS氏解説:
加工豚肉の販売増加、成豚 hog および豚肉価格の下落。
ProMED-mail 投稿
Archive no.
 1. 20100318.0866: 略
 2. 20100322.0912: 略
 3. 20100411.1174, item 2: 略

“子豚 piglet の価格も下落 15.83 元 yuan [USD 2.32]/kg; 畜産家の多くは口蹄疫発生の可能性や損失を心配して、家畜数は依然低い状態。”

2010年に入って、非加熱処理の豚肉の中国からの輸出は増加しているのか ? 送り先に変化はあったか ? 主要な最近の輸出市場はどこであるか ?

2010年2月からの 口蹄疫ウイルス FMDV 血清型 O 感染のみられる 7省(公式発表)。

7 provinces in China have been officially reported as infected by FMDV
serotype O since Feb 2010: Guangdong (outbreaks starting on 22 Feb, 4 Mar);
Gansu (14 Mar, 7 Apr, 17 Apr); Shanxi (25 Mar); Jianqxi (28 Mar); Guizhou
(13 Apr); Xinjiang (20 Apr) and Ningxia (23 Apr).

]

ProMED-mail Archive Number 20100504.1445
口蹄疫が発生している中国国内 7省の日本語表示等はブログエントリー参照
 http://outbreaks.biz/2010/05/07/10-outbreaks-foot-and-mouth-disease-china/

11th outbreak – foot and mouth disease – South Korea

ProMED-mail Archive Number 20100508.1499
Published Date 08-MAY-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease – S Korea (03): (GN) update

[Mod. AS氏解説:
韓国内の口蹄疫ウイルス 血清型 Oの発生
2010年の11番目 (本土では 3番目)
]

大韓民国食糧省は口蹄疫の新しい発生を確認した[Fri 7 May 2010]。South Chungcheong 忠清南道(チュンチョンナム=ド) Cheongyang 青陽郡(チョンヤンぐん)の畜産農場 cattle farm 1施設である。
乳牛 1頭の鼻に水疱が現れるなどの症状[6 May 2010]で始まり、検査で陽性となったと、食糧農林漁業省発表。
同農場の家畜 20頭と半径 500m以内の他の畜産農場(畜牛) 8施設の約 80頭を殺処分した。最新の発生場所は、地域の国立家畜獣医学研究所から 3.2Kmの所である。
今週初めまでに、韓国では 農場 361か所の[合計]約 50 000頭の家畜を殺処分し埋めた。550億ウオン (USD 4900万ドル)超の負担となる。
2010年4月下旬、韓国政府は警戒レベルを赤 (4段階レベルの最上ランク)に引き上げた。2004年のFMD警戒システム採用以来、「レッド」は初めてとなる。
以前、韓国では 2000年と2002年の2回、[口蹄疫発生で]打撃を受けている (それぞれ、3010億, 1440億ウオンの損失)。

[2010年4月9日の当地第 1回目再発以来とされているが、前回の発生日時、場所など記載なし]

FMD – biosecurity measures – food waste – infected meat scrap – FAO

ProMED-mail Archive Number 20100507.1487
Published Date 07-MAY-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease – Japan (04): (MZ) serotype O, gene

Date: Fri 7 May 2010 [accessed]
Source: FAO World Reference Laboratory for Foot-and-Mouth Disease (WRLFMD),
Molecular epidemiology reports, 2010
FAO World Reference Laboratory for FMD: Genotyping Report IAH-P-EP-MEG-FOR-005-3 [Japan]

Date: 5 May 2010
FMDV [Foot-and-mouth disease virus 口蹄疫ウイルス 血清型] type O
Country: Japan

Topotype: SEA
Genotype/strain: Mya-98
Sequence filename: JPN10-AA.SEQ
Date sequence last updated: 28 Apr 2010

Most closely related viruses
—————————-
Virus name / percent identity / topotype / strain
1. O/HKN/13/2010 / 99.22 / SEA / Mya-98
2. O/HKN/14/2010 / 99.22 / SEA / Mya-98
3. O/HKN/15/2010 / 99.22 / SEA / Mya-98
4. O/HKN/7/2010/ 99.22 / SEA / Mya-98
5. O/HKN/8/2010 / 99.22 / SEA / Mya-98
6. O/HKN/10/2010 / 99.06 / SEA / Mya-98
7. O/HKN/11/2010 / 99.06 / SEA / Mya-98
8. O/HKN/12/2010 / 99.06 / SEA / Mya-98
9. O/HKN/9/2010 / 99.06 / SEA / Mya-98
10. O/Ganghwa/SKR/2010 / 98.59 / SEA / Mya-98

Most closely related reference viruses
————————————–
Virus name / percent identity / topotype / strain
1. O/MYA/7/98 (DQ164925) / 92.96 / SEA / unnamed

[Mod. AS氏解説:

Similarly to the recent serotype O isolates from China/Hong Kong and S Korea, the reference strain found most related to the Japanese strain is “O/MYA/7/98 (DQ164925)”.

中国/香港, 韓国の最近の[口蹄疫ウイルス]分離株 血清型 Oと同様に、日本株に最も近縁の基準ウイルス株は
O/MYA/7/98 (DQ164925)
である。
[国連] 食糧農業機関 Food and Agriculture Organization
FAO warns of increased foot-and-mouth threats
 http://www.fao.org/news/story/en/item/41702/icode/
28 April 2010, Rome

High cost of outbreaks

[口蹄疫]ウイルスがたどったルート[道など]は特定されていないが、感染した meat scrap 牛肉のくず [くず肉]を食べたブタによって、food waste 食品廃棄物を介して感染が発生した可能性があると、専門家は語っている。バイオセキュリティー違反[侵害]がどのように起こったかを解明することは、他の場所での同様な事象[感染発生]を予防するために重要である。

The routes taken by the virus have not been identified, but experts say it is possible the infection occurred through food waste, with pigs eating infected meat scraps. Understanding how biosecurity breaches occurred is important to prevent similar events elsewhere. …

]