月別アーカイブ: 6月 2010

FMD serotype O – Xinjiang and Qinghai – China

ProMED-mail Archive Number 20100629.2166
Published Date 29-JUN-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease – China (08): (QH,XJ) porcine, st O
Date: Tue 29 Jun 2010
Source: Trading Markets.com, Xinhua News Agency report via COMTEX [edited]

Event summary: Foot and mouth disease, China (People’s Rep. of)
 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=8988
 Follow-up report No. 12
 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9459

中華人民共和国北西部 Xinjiang Uygur Autonomous Region 新疆ウイグル自治区 および Qinghai Province 青海(せいかい)省で口蹄疫 FMD発生 (同国農業部発表 [29 Jun 2010])。
同自治区 [阿克蘇(アクス)地区] Aksu アクス市の西側郊外の数人の農場主が飼育するブタ 24頭が FMD 血清型 Oに感染したと確認された [25 Jun 2010]([初めて]疑われた日 19 Jun 2010)。
また、青海省 [Haibei Prefecture 海北チベット族自治州] Menyuan County 門源回族(もんげん-かいぞく)自治県 [県都] Haomen townで、他の感染動物が確認された [26 Jun 2010]。農場 1施設で飼育されている 17頭のブタが最初に FMDを疑われた [22 Jun 2010]。
今までのところ、両地域で計 508頭のブタの殺処分が行われ、感染状況はコントロールされている。

広告

FMD epizootic – final stage – Japan

(No.29)
ProMED-mail Archive Number 20100629.2160
Published Date 29-JUN-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease – Japan (29): (MZ) update, RFI

[Mod. AS氏解説:
Michiyo Yamazaki, who has kindly provided us with several translations of official Japanese reports and other sources from Japan since the beginning of the FMD epizootic, has forwarded the following 2 new translations [items 1, 2] with the introductory relieving comment: “We have no new FMD cases in Miyazaki since 19 Jun 2010 (case 291 in Miyazaki city)”. Let’s hope this piece of information heralds the approaching final stages of the outbreak.

It is to be hoped that this epizootic has entered its final stage.

サーベイランスを実施し、” 緊急ワクチン接種を併用した口蹄疫根絶 “および” 殺処分のためのワクチン接種 ” 対策を採用した日本の決定は主に、日本の従来の「ワクチン非接種で口蹄疫フリー FMD-free」状態の迅速な復帰への要望によって動かされたもの。
Twitter
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/17321069274

国際獣疫事務局(OIE)陸生動物衛生規約 Terrestrial Animal Health Code

” 8.5.45条, 2項 (article 8.5.45, point 2)
臨床症状のある感染した全動物および接触し感染しやすい状態の全動物を殺処分し、感染リスクのある動物にワクチン接種し、その後にワクチン接種動物を殺処分する。”
日本はどうやら各発生[農場]の周囲 [半径]10Km以内の全ての感染しやすい動物はリスクがある、と見なしたようで、よってワクチン接種を行った。

同規約 8.5.8.条 (article) (“Recovery of free status”) によると、(日本のように)[生かすための]ワクチン接種を行っていない FMD free 口蹄疫フリーの国や地帯は同規約 8.5.40.条から 8.5.46.条に従って、口蹄疫根絶対策、緊急ワクチン接種および血清学的サーベイランスを行った発生地域の全ワクチン接種動物の殺処分 3か月後、口蹄疫フリーの復権[復帰]を申請できる。
]

(No.17)
ProMED-mail Archive Number 20100528.1779
Published Date 28-MAY-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (17): (MZ) update
当ブログエントリー
 http://outbreaks.biz/foot-and-mouth-disease-promed-mail-twitter/

All FMD cases are resolved within the Republic of Korea – 19 Jun 2010

ProMED-mail Archive Number 20100623.2096
Published Date 23-JUN-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease – S. Korea (07): resolved
Date: Wed 23 Jun 2010
Source: OIE-WAHID final reports [abridged, edited]
 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=country_reports

大韓民国[韓国]では、異なる 2地域で発生した 血清型 O の口蹄疫 FMD ウイルスの流行 [動物間流行病] epizootic を根絶しました。

1. Inch’on-Jikhalsi (仁川=ジカルシ 仁川広域市 インチョンこういきし)および Kyonggi-Do 京畿道(キョンギド、けいきどう)での発生

Report type: Follow-up report No. 4 (Final report) 最終報告
Start date: 08 Apr 2010 発生日 2010年4月8日
Date of 1st confirmation of the event: 09 Apr 2010 確認日 2010年4月9日
Report date: 22 Jun 2010
Date submitted to OIE: 23 Jun 2010
Date event resolved: 07 Jun 2010 発生終息日 2010年6月7日
Manifestation of disease: Sub-clinical infection [発症前の]無症状の感染状態
Causal agent: Foot and mouth disease virus, Serotype: O 血清型 O

 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9126

2. Ch’ungch’ong-Bukdo 忠淸北道 (チュンチョンブク=ト)および Ch’ungch’ong-Namdo 忠淸南道 (チュンチョンナム=ド) での発生

Report type: Follow-up report No. 5 (Final report) 最終報告
Start date: 21 Apr 2010 発生日 2010年4月21日
Date of 1st confirmation of the event: 22 Apr 2010 確認日 2010年4月22日
Report date: 22 Jun 2010
Date submitted to OIE: 23 Jun 2010
Date event resolved: 19 Jun 2010 発生終息日 2010年6月19日
Manifestation of disease: Sub-clinical infection [発症前の]無症状の感染状態
Causal agent: Foot and mouth disease virus, Serotype: O 血清型 O


There are no remaining restricted zones within the Republic of Korea. All FMD cases are resolved.
 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9166

[Mod. AS氏解説:
South Korea reported the outbreak clusters in 2 geographically different regions as separate epizootics. Both have now been eradicated by stamping out without vaccination and consequently declared as resolved. This will enable Souuth Korea to apply to regain soon its status as FMD-free country without vaccination. Early detection and diagnosis enabled immediate, meticulous application of the required control measures, contributing to this remarkable achievement.
]
当ブログの過去エントリー
(発生早期の1件)
ProMED-mail Archive Number 20100424.1318
Published Date 24-APR-2010
 http://outbreaks.biz/2010/04/24/foot-and-mouth-disease-oie-south-korea/

当ブログ検索 口蹄疫+韓国
 “http://outbreaks.biz/?s=fmd+south+korea”

foot and mouth disease – Mongolia

モンゴル国最東部 ドルノド県内で 2010年4月21日発生した口蹄疫 FMDの追跡調査報告
ProMED-mail Archive Number 20100622.2086
Published Date 22-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Mongolia (04): (DD) OIE, sequencing, RFI
Date: Mon, 21 Jun 2010
Source: OIE, WAHID (World Animal Health Information Database), weekly
disease information 2010; 23(25) [edited]
 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9210

Summary
Report type: follow-up report No. 2 追跡調査報告 No.2
Start date: 21 Apr 2010
Date of 1st confirmation of the event: 26 Apr 2010
Report date: 21 Jun 2010

Serotype: O

New outbreaks

Outbreak 1: Bayasgalant, Bulgan soum, Dornod
Date of start of the outbreak: 14 Jun 2010
Outbreak status: continuing (or date resolved not provided)
Epidemiological unit: farm

Affected animals
Species / Susceptible / Cases / Deaths / Destroyed / Slaughtered
Cattle / na / 17 / 0 / 17 / 0
Summary of outbreaks
Total outbreaks: 1

Vaccination in response to the outbreak (s):
Administrative division / Species – Total vaccinated
Dornod / Camelidae – 2718; Swine – 167; Sheep – 163 081; Goats – 94049; Cattle – 47 304.

Laboratory name and type: Federal Centre for Animal Health in Vladimir (OIE’s Reference Laboratory)

[Mod. AS氏解説:
モンゴル国最東部 ドルノド県内で 2010年4月21日発生した口蹄疫 FMD の追跡調査報告。同ウイルス FMDV(血清型 O)の遺伝子配列は、ロシア連邦 ヴラジーミル州の国際獣疫事務局地域基準研究所 ARRIAH (Federal Centre for Animal Health, OIE Regional Reference Laboratory for FMD for Eastern Europe, Central Asia and Transcaucasia in Vladimir, Russia [基準研究所のほか、協力検査機関、レファレンスラボラトリーと邦訳])で検査中のようである。中国、韓国、日本のFMDV トポタイプ SEA, Mya-98 株との関連が明らかになる可能性がある。
]
当ブログエントリー・検索
 “http://outbreaks.biz/?s=fmd+mongolia”

mass mortality in Saiga antelopes and FMD in cattle – Kazakhstan

[追加 2010-06-24]
ProMED-mail Archive Number 20100623.2094
Published Date 23-JUN-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease, bovine – Kazakhstan (03): serotype O
Date: Wed 23 Jun 2010

信頼すべき筋によれば、
カザフスタン共和国 Akmola [Aqmola] アクモラ州 Ereymentau [Ereimentau]県 Novodolinka 村の畜牛の口蹄疫 FMD発生について

1. The outbreak is caused by serotype O.
 発生は血清型 O 型 の口蹄疫ウイルスによる。

2. Samples have been sent to ARRIAH (Federal Centre for Animal Health), OIE Reference Laboratory for FMD for Eastern Europe, Central Asia and Transcaucasia in Vladimir, Russia, for further typing.
 検体は ロシア連邦ヴラジーミル州の国際獣疫事務局地域基準研究所 ARRIAH に送られた (追加の型決定・分類検査のため)。

3. No FMD vaccinations have been performed during 2010, prior to the outbreak, in the affected region Aqmola.
 口蹄疫ワクチン接種は 2010年、アクモラ州では発生前に行われていない。

4. FMD vaccinations are normally carried out on a seasonal basis: young ruminants being vaccinated during autumn, and adult cattle during winter.
 通常、若い反すう動物のワクチン接種は秋、成牛のワクチン接種は冬に行う。

Arnon Shimshony
ProMED-mail Animal Disease and Zoonoses Moderator

[以下は、初回記事]
ProMED-mail Archive Number 20100620.2071
Published Date 20-JUN-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease, bovine – Kazakhstan (02): (AM)
Date: Fri 18 Jun 2010
Source: Interfax-Kazakhstan [edited]
 http://www.interfax.kz/?lang=eng&int_id=10&news_id=3555

カザフスタン共和国 Akmola [Aqmola] アクモラ州 Ereymentau [Ereimentau]県 Novodolinka 村の畜牛の口蹄疫 FMD発生について、同国 Emergency Ministry [非常事態省]は家畜検査 [16 Jun 2010]にて 241頭が感染したと発表(mass die-off 大量死はない)。同県政府は村を隔離した。

[Sr.Tech.Ed. MJ氏解説:
OIE 国際獣疫事務局への報告(農業省)では 感染しやすい畜牛 639頭のうち 140頭感染 (22%)

ProMED-mail Archive Number 20100618.2041
Published Date 18-JUN-2010
Date: Thu 17 Jun 2010
Source: OIE-WAHID Immediate Notification [edited]
当ブログエントリー
 http://outbreaks.biz/2010/06/18/fmd-serotype-not-typed-kazakhstan/

であったが、非常事態省は 241頭( 38%)と発表。
どちらにしても、[感染動物]数より同農場では口蹄疫の発端症例(第 1例目の感染)から潜伏期間の 2 あるいは 3回が過ぎていたと考えられる。
発生日と報告された 2010年6月9日から数週前の日が実際の”発生”日で、6月16日に隔離対策を実施したが、数週前に農場施設ではウイルスが循環していた可能性がある。
2010年5月から、カザフスタンでは (絶滅危惧種) Saiga antelope サイガ(アンテロープ)の間で大量死と感染が見られている。同国での過去の経験から、サイガの病気の原因の 1つとして 口蹄疫の可能性がある。
]

FMD since 2007 – serotype not typed – Kazakhstan

ProMED-mail Archive Number 20100618.2041
Published Date 18-JUN-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease, bovine – Kazakhstan: OIE, RFI
Date: Thu 17 Jun 2010
Source: OIE-WAHID Immediate Notification [edited]
 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9387

[Twitter 配信]
2008-09年、約 2700万の畜牛、羊、ヤギに口蹄疫 FMDワクチンを接種したカザフスタン共和国で、2007年から 3年ぶりに FMD発生。アクモラ州コクシェタウの農村で、畜牛 140頭発症し、ブタを含む4種の動物 1893頭殺処分。血清型不明。
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/16454310671

カザフスタン共和国[北部] Aqmola アクモラ州 Kokchetav コクシェタウ
Outbreak 1: Novodolinka, Ereymentau, Aqmola, Kokchetav

で口蹄疫 FMD 発生 2010年6月9日。診断確定日 2010年6月15日
農村の 畜牛 140頭発症し、畜牛 計 639頭、羊/ヤギ 767頭、ブタ 487頭殺処分 (計 1893頭)。
前回発症 2007年7月4日
不活性化ワクチン接種等の防疫対策実施。

Vaccination in response to the outbreak (s):
Administrative division Kokchetav
Species / Total vaccinated / Details

Cattle / 1200 / Inactivated vaccine
Sheep-goats / 2400 / Inactivated vaccine
Swine / 400 / Inactivated vaccine

血清型は未確定
Serotype: not typed

[Mod. AS氏解説:
2008年 畜牛 5 943 860頭、羊/ヤギ 13 534 000頭
2009年 畜牛 1 928 000頭、羊/ヤギ 5 616 130頭
にワクチン接種を行った (計 27 021 990頭)。
The national population, (OIE, 2008 figures) are: cattle 6 008 200; s/g 16 937 500).
]

major FMD epizootic – Japan in 2010

(No.25)
ProMED-mail Archive Number 20100612.1967
Published Date 12-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (25): (MZ) update, control policy
[2]
Date: Fri 11 Jun 2010
Source: The New York Times [edited]
 http://www.nytimes.com/2010/06/12/business/global/12beef.html
Disease Threatens Japan’s Beef Trade
[Mod. AS氏解説:
口蹄疫 FMDウイルスのヒト感染について、The New York Times の記事では “very rarely” 「めったにない」としているが、言い過ぎ。記録された感染事例は、”extremely rare” 「極めてまれ」で、2001年の英国での口蹄疫の大規模流行 major FMD epizootic のときも 2000を超える施設が感染したが、ヒトの感染症例は一人も確認されなかった。New York Times における日本の口蹄疫発生の記事公表は、大規模流行、経済的影響、適用された[感染]予防措置について、日本という国の域を超えた関心の高まりを示している。]

[3]
Date: Mon 7 Jun 2010
From: Christine Bijl
Christine Bijl, Secretary European Livestock Association (ELA)
[Byline: Peter King, ELA Chair ELA scientists and FMD experts: Prof Sheila Crispin; Dr Paul Sutmoller; Dr Simon Barteling; Dr Ruth Watkins.Cosigners:Dr. Colin G Fink, Clinical Virologist and Hon. Senior Lecturer in Biological Sciences, University of Warwick, UK;Dr.Raul Casas-Olascoaga, President Nat. Academy of Veterinary Sciences, Uruguay – Professor Emeritus – Former Director of the Pan American FMD Center/ PHO/WHO]

ELA [欧州家畜協会]の緊急提言。口蹄疫 FMDはワクチン接種よって根絶できないとする日本当局の声明は間違っている。[その考えにより]目標を達成するのは、英国が行ったように感染しやすい動物のほとんどを殺処分したとき ( when susceptible hosts are (almost) no more available ) のみである。現対策の欠点を列記し、より有効な代替案を提言。

Foot and Mouth Disease (FMD) Japan 2010

The European Livestock Association (ELA) is aiming toward enduring systems of animal husbandry. It has some well-known scientists specialised in Foot and Mouth Disease (FMD) among their members.

In relation to the FMD measures taken in Japan, the ELA members feel it is urgent to state the following:
– The statement of the Japanese Authorities that FMD cannot be eradicated by vaccination is incorrect.
– It would be most unfortunate if Japan repeated the mistakes made in the management of control of FMD in the United Kingdom and in the Netherlands in 2001 and if Japan would suffer similar economic and social consequences for the livestock industry and the wider rural community.

The sample – negative (prefectural government) and positive (national organization) for FMD

ProMED-mail Archive Number 20100606.1890
Published Date 06-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (21): (MZ) update
[1] Date: 19 May 2010
Source: Asahi.com [in Japanese, trans. by submitter, edited]
 http://www.asahi.com/national/update/0519/TKY201005180565.html

What had been happening before the 1st suspected case of FMD was
found in Miyazaki? Asahi.com tries to recreate it from what we are
told by the persons involved.

asahi.com(朝日新聞社):異変2度…でも「教科書と違う初期症状」宮崎口蹄疫 – 社会
2010年5月19日7時5分
の記事が、Michiyo Yamazaki 氏により英訳されて、2010年6月6日 ProMED-mail (全世界)に投稿されました。
Yamazaki 氏の翻訳を当ブログ(およびTwitter)投稿者が日本語に拙訳(下記)しました。
原文(日本語)は asahi.com をご覧下さい。
[再掲]
日本の口蹄疫に関する[正確な最新]情報の(ProMEDメールを通じての)世界への[英文による速報]配信は、主に、コミュニケーター Yamazaki 氏などの献身的なご努力によるものです (他、報道メディア, 国際獣疫事務局 OIE, 当局など)。
7:05 PM May 17th
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/14199233511

関係者の発言から
宮崎県 [児湯郡 (こゆぐん)] 都農町 (つのちょう)の農場 1施設で、モツァレラ mozzarella [チーズ]を作るために飼育していた 水牛 42頭中の 1頭に下痢症状がみられた(2010年3月下旬)。往診した獣医師が (宮崎県) 宮崎家畜保健衛生所 Miyazaki Livestock Hygiene Service Center [以下、同センター(宮崎県)と略] に 2010年3月31日、報告した。
同センター(宮崎県)も立ち入り調査。口蹄疫 FMDの典型的症状である口や蹄の水疱なし。流涎(よだれ)なし。便検査で下痢を起こす細菌やウイルスは検出されなかった。原因は見つからなかったが、下痢は止まった。
最初の異変はこのようにして気づかれた。次の発生は、水牛の酪農場の南 600mの他の農場で起こった。
“乳牛 1頭の口腔に軽度の潰瘍 1病変あり。”と、他の獣医師が 2010年4月9日、同センター(宮崎県)へ連絡した。2日前に同農場で往診したとき、その前日の晩から畜牛のうち 1頭に発熱、食欲低下があり、軽度の流涎症があった。
同県作成の口蹄疫対策マニュアルには、”口腔の水疱は口蹄疫発症 6-8時間後に出現し、通常、24時間以内に破裂する”と書かれている。
同獣医師が 2010年4月9日、往診したとき 口腔に 3mm大の潰瘍が 1つ見られたが、水疱ではなかった。痂皮 “かさぶた”となっていた。患畜が発熱してから すでに 4日が経っていた。もし、口蹄疫であれば水疱と激しい流涎症を来たすはずであった。
同センター(宮崎県)が同農場に訪問し全畜牛を調査した。口蹄疫のリスクは低いと判断した。発熱期間はわずか 1日であった。
口蹄疫[ウイルス感染症]の潜伏期間は 畜牛では約 1週間である。同獣医師は、2010年4月12日まで毎日、牛の診察のため同農場を訪れたが、異常な動物は発見されなかった。
同獣医師は症例を振り返り、”初期症状は教科書に記述されたものと異なった。口蹄疫の可能性を考えなかったのではないが、これら症状から同疾患の診断はできなかった。”
2010年4月16日の晩、ほかの畜牛 2頭が同様の症状を来たした。4月上旬に発熱した畜牛のちょうど隣で飼育されていた。何らかのウイルス感染と考えた。このとき、第1例目の患牛はほぼ完治していた。翌日、同センター(宮崎県)は同農場を再度訪問し、感染症の検査を行った。しかし、2010年4月19日、結果陰性であった。
同センター(宮崎県)は、2010年4月19日、念のために、[独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構] 動物衛生研究所 National Institute of Animal Health 海外病研究施設 Exotic Diseases Research Station へ検体を送った。これが、宮崎県が国立機関に連絡した初めであった。2010年4月20日早朝、同検体は 口蹄疫[ウイルス]陽性であると判った。

Communicated by:
Michiyo Yamazaki

FMDV – Tsuno farm in the first place – started already on 26 Mar 2010

(No. 20)
ProMED-mail Archive Number 20100605.1864
Published Date 05-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (20): (MZ) update
[1] Date: Sat 5 Jun 2010
Source: Japan’s MAFF web-site, daily FMD press releases of 03 and 04
Jun 2010 [Trans., abridged, edited]
 http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/pdf/100603-01.pdf
 http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/pdf/100604-01.pdf

[Mod. AS氏解説:
[口蹄疫ウイルス] ワクチン接種後 1週以内の臨床所見出現は、動物が接種時に既に潜伏期間であったり、免疫を獲得する前に感染した可能性があり、当然のことである。殺処分を(できれば)厳しい防疫体制で実施し、早める対策とともに、恐らく、来週にはそのような感染はなくなるであろう。]

[2] Date: Sat 5 Jun 2010
Source: Japan Today [edited]
 http://www.japantoday.com/category/national/view/miyazaki-to-conduct-final-checks-on-5-stud-bulls
[3] Date: Fri 4 Jun 2010
Source: The Mainichi Daily News [edited]
 http://mdn.mainichi.jp/mdnnews/news/20100604p2g00m0dm001000c.html
[4] Date: Thu 3 Jun 2010
Source: Japan Today [edited]
 http://www.japantoday.com/category/top-in-category/view/media-has-it-all-wrong-on-foot-and-mouth-outbreak

[Mod. AS氏解説:
特に、引用される教訓として最も重要なことは、宮崎県都農町のこの1番目の農場[下記]にどうして、どこから(中国や韓国で循環している)ウイルスが入ったか、である。

当ブログエントリー
OIE追跡調査報告
 http://outbreaks.biz/2010/05/16/start-date-fmd-japan/
 http://outbreaks.biz/2010/05/10/foot-and-mouth-disease-pork-importer-japan/
参照

児湯郡 (こゆぐん) 都農町 (つのちょう) [OIE報告 (outbreak No 5)]発生 5件目は 2010年3月26日、buffalo [バッファロー 水牛] 1頭のみにすでに[口蹄疫 FMD]発症し、2010年4月23日(RT-PCR検査で)診断確定し、同農場の全家畜が殺処分された(水牛 42、ブタ 2頭)。客観的には、1頭のみ発熱、下痢を発症しても、FMDを疑ったり、予防対策を行う対象になると通常期待できない。患畜 1頭に、他のより[口蹄疫に]典型的な所見、口腔病変や跛行などがなかったか? まだ明らかにされていない。もし口腔病変があっても、粘膜所見は世界的に拡がっているペスチウイルス疾患 牛ウイルス性下痢・粘膜病 bovine virus diarrhea (BVD) の(まれな)合併症の 1つと見誤るかもしれない。この水牛の年齢など追加詳細情報があれば役立つであろう。
]