月別アーカイブ: 7月 2010

FMD in water-buffalo – Miyazaki – Japan

(No.35)
ProMED-mail Archive Number 20100726.2498
Published Date 26-JUL-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (35): (MZ) update
[Mod. AS氏解説:
特に、導き出される教訓として最も重要な疑問は、(中国や韓国で蔓延している[口蹄疫]) ウイルスがどのように、どこから 発端場所である宮崎県 [児湯郡 (こゆぐん)] 都農町 (つのちょう) に入ったか。]

当ブログエントリー再掲
(No.21)
ProMED-mail Archive Number 20100606.1890
Published Date 06-JUN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Japan (21): (MZ) update
[1]
Date: 19 May 2010
Source: Asahi.com [in Japanese, trans. by submitter, edited]
http://www.asahi.com/national/update/0519/TKY201005180565.html

A water buffalo in a farm in Tsuno-cho, Miyazaki had diarrhea in late March 2010. It was one of the 42 water buffalos kept for mozzarella production. The veterinarian who visited to see the buffalo reported it to Miyazaki Livestock Hygiene Service Center on 31 Mar 2010.


Communicated by:
Michiyo Yamazaki

概要(日本語) 当ブログエントリー再掲
 http://outbreaks.biz/2010/06/07/sample-negative-and-positive-for-fmd/

[Mod. AS氏解説:
実験的に口蹄疫ウイルス FMDV を感染させた water-buffalo 水牛 (インドスイギュウ Indian water buffalos )に関する論文、写真。
 Bubalus bubalis 沼[沢]水牛
V. Maroudam, S. B. Nagendrakumar, M. Madhanmohan, P. Santhakumar, D. Thiagarajan and V. A. Srinivasan (2008). Experimental Transmission of Foot-and-Mouth Disease among Indian Buffalo (Bubalus bubalis) and from Buffalo to Cattle. J. Comp. Path. Vol. 139, 81-85.

1. 口蹄疫にかかったバッファローでは、頬[粘膜]、歯茎/歯肉、足の病変は目立つが、舌病変はそうでない。
In buffalo with FMD, buccal, dental pad/gum and foot lesions are prominent but not tongue lesions.

2. バッファローでの[口蹄疫ウイルス]潜伏期間は変動したり延長するかもしれない。
The incubation period for buffalo may be variable and prolonged.

3. 直接接触すると、畜牛で 7日、バッファローで 9-21日後に発症する。
Direct contact produced clinical disease in cattle and buffalo in 7 days and 9 – 21 days, respectively.

4. インドでは (時々、農場主が酪農のためバッファローと畜牛と一緒に飼育するが)、口蹄疫は畜牛ではっきり現れることが多く、バッファローでは明らかでない (感染源の確定が困難となる) ことが観察された。
In India, where farmers sometimes rear both buffalo and cattle together for milk production, it is observed that FMD is often overt in cattle but covert in buffalo, making it difficult to establish the origin and source of infection.

5. バッファローでは感染時、軽度の臨床所見 minor clinical signs のみ現れる可能性がある; 健康な畜牛および他のバッファローに対する直接接触による感染源となりうる。
Buffalo may be infected whilst showing only minor clinical signs; they can then act as a source of infection for healthy cattle and other buffalo upon direct contact.
]

概要邦訳 当ブログエントリー再掲
 http://outbreaks.biz/foot-and-mouth-disease-promed-mail-twitter/

広告

FMD – domestic swine and a wild boar – Rostov – Russia

Archive Number 20100724.2478
Published Date 24-JUL-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease, porcine – Russia: (RO), susp., RFI
Date: Thu 22 Jul 2010
Source: RIA Novosti [edited]
 http://en.rian.ru/russia/20100722/159903556.html

ロシア連邦 南部[連邦管区] Rostov ロストフ州 [州都 Rostov on Don ロストフ・ナ・ドヌ] の養豚場 1施設で口蹄疫 FMDが発生し、ブタ 204頭を殺処分した (地域危機管理局 [22 Jul 2010])。
[“検査により口蹄疫と確認された”と記載されていない]病死した野生のイノシシ 1頭の死骸が2010年5月、同地域で発見された。家畜への感染拡大を防止するため、当局は野生のイノシシの処分を許可した。
[上記] 1つの農場内で ブタ 2頭が死んだ [21 Jul 2010]。検査で口蹄疫[ウイルス]陽性であったので、農場主は 残りのブタ 204頭を殺処分した。

[Mod. AS氏解説:
This animal (野生のイノシシ wild boar) deserves attention as a potential prolific disseminator of the virus.]

過去の事例
ProMED-mail Archive Number 20070517.1571
Published Date 17-MAY-2007
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease, wild boar – Israel (N.&N.E.)
Date: Thu 17 May 2007
From: Hagai Yadin

FMD – drooling and alleged observation of "cold" – Japan

(No.34)
ProMED-mail Archive Number 20100722.2456
Published Date 22-JUL-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease – Japan (34): (MZ) update
[1]
Date: Thu 22 Jul 2010
Source: iStockAnalyst, Kyodo News report [edited]
 http://www.istockanalyst.com/article/viewiStockNews/articleid/4331366

[2]
Date: Mon 19 Jul 2010
Source: The Japan Times, Kyodo news report [edited]
 http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20100719a1.html

[ブログ投稿者注: 日本語訳では、原文の cow を “畜牛 cattle”と訳しました。他の英語記事では、酪農のため飼育している 雌牛, 乳牛 [dairy cattle]に cow を使うことがよくみられますが、The Japan Times Online の記事では、口蹄疫対策の対象となった全ての畜牛を cow と表現しています。]
 出典 The Japan Times Online
 Monday, July 19, 2010
 Major Miyazaki farm missed early signs of foot-and-mouth disease

宮崎県が [同県児湯郡 (こゆぐん)] 都農町(つのちょう)で [OIE WAHIDデータベース概要(日本語) 2000年以来、国内で初めて] 口蹄疫発生を発表した 2日前の 2010年4月18日、同郡 川南町 [都農町から約 3Km]の大畜産農場 1施設は、畜牛 数頭に流涎 (よだれ drooling)の症状があることに気づいた (農場経営会社等の発言 [18 Jul 2010])。
この農場の畜牛 数頭は[口蹄疫]検査で強陽性となり、2週間以上前に感染したと考えられた。遅くとも 2010年4月上旬、川南町のこの農場に口蹄疫が存在したと、今疑われている。
農場経営者は 2010年4月24日まで、[宮崎]家畜保健衛生所 [Miyazaki] Livestock Hygiene Service Center に異常を報告しなかった (情報筋による)。
農場経営者は、複数の畜牛の症状は “かぜ cold” によるものと考え、抗菌薬を投与したと語った。患畜のうち数頭の牛に tongue sores [舌の”腫れ”や”水疱”などの有痛性病変]と流涎症の悪化がみられた 2日後の 2010年4月24日、センター(家畜保健衛生所)に報告した。
“流涎は通常よりも若干増えていただけなので、”かぜ cold”を疑った”と、1人の[農場]経営会社職員は語った。”第 1例目が報告される前に口蹄疫 (発生)を予見するのは極めて困難であった、舌病変 tongue sores を来たした畜牛の数が増えたときに報告した。”
農場 数十施設が感染所見を見落としたと疑われているが、[口蹄疫]発生調査チーム [日本政府] government team は 700頭を超える畜牛を飼育している大型農場が感染ルートを解明する鍵を握ると考えている。
2010年3月末、都農町の水牛 water buffalo 1頭が下痢を来たしたとき、病気を確認する十分な諸検査を怠った failed to conduct proper tests ことを宮崎県は既に分かっている。289 000 頭を超える畜牛およびブタがこの[口蹄疫]流行を囲い込むため殺処分された。

[Mod. AS氏解説:
残念なことに、レポートでは病気の畜牛の種類を明記していない。乳牛 dairy cattle が感染したら、発病後の最初の所見の 1つとして、乳汁分泌が急激に低下するので、ほとんど無害な “かぜ cold”と間違うことはできない。直ぐに、典型的な口腔内や足の病変が続いて出現する。一方、肉牛 beef cattle の口蹄疫の臨床所見は時々、あまり簡単に診断できない可能性があり、特に、病気の早期や、口蹄疫が長年なかった FMD-free 口蹄疫清浄国で、農場主や獣医師にとって [口蹄疫が]なじみのない国では確かに診断が簡単ではないかもしれない。
疾患単位としての “かぜ Cold”は、素人でも分かる言葉であり、恐らく、上気道感染症が疑われる病気に関係していると思われる (パラインフルエンザウイルス 3型, RSウイルス respiratory syncytial virus/RSV, 牛伝染性鼻気管炎 infectious bovine rhinotracheitis/IBR, アデノウイルス など)。唾液分泌過剰 excessive salivation は これら疾患で観察される臨床症状の 1つであるだけでなく、牛伝染性鼻気管炎 IBR および 牛ウイルス性下痢症 bovine viral diarrhea/BVD でもみられる。
“かぜ cold”と申し立てられた観察結果が (家畜) 獣医師 veterinary (farm animals) practitioner によってなされた場合、興味深いこと。産業動物獣医学 farm animal medicine を専門とする獣医師は、口蹄疫を優先として家畜動物の主要感染症の臨床診断について教育を受けるよう期待されます。
]

foot and mouth disease – WRLFMD Quarterly Report – April-June 2010

ProMED-mail Archive Number 20100720.2437
Published Date 20-JUL-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – world: quarterly report

Date: Tue 20 Jul 2010
Source: World Reference Laboratory for FMD, IAH, Pirbright Web-site – Reports [extracted, edited]
 http://www.wrlfmd.org/ref_labs/ref_lab_reports/OIE-FAO%20FMD%20Ref%20Lab%20Report%20Apr-Jun%202010.pdf

Reference Laboratory Contract Report
7/15/2010

Kazakhstan
———-
An outbreak of FMD type O occurred on 09 Jun 2010 in cattle (n=140/639) at Novodolinka, Ereymentau, Aqmola, Kokchetav. A sequence was submitted to the WRLFMD from ARRIAH and found to belong to the ME-SA topotype, PanAsia-2 strain.

Google Docs [文章部分 3頁のみ抽出]

Kazakhstan カザフスタン共和国で発生した口蹄疫は Serotype 血清型 Oでしたが, トポタイプは 日本, 香港, 韓国, モンゴル, カザフスタン, 台湾, [チベット]で循環した SEA [Southeast Asia] ではなく、ME-SA topotype, PanAsia-2 strain でした。

FMD SEA Serotype O – 12 km away from Chinese border – Russia

[更新情報] 異なるトポタイプ検出:
カザフスタン共和国 ME-SA topotype, PanAsia-2 strain / WRLFMD Quarterly Report
当ブログエントリー
 http://outbreaks.biz/2010/07/21/wrlfmd-quarterly-report-kazakhstan/

ProMED-mail Archive Number 20100720.2432
Published Date 20-JUL-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Russia (ZB) OIE, serotype O, SEA topotype
Date: Mon 19 Jul 2010
Source: OIE, WAHID (World Animal Health Information Database), weekly disease information 2010; 23(29) [edited]
 http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9524

中華人民共和国とは998km、モンゴル国とは868kmの国境を有する[Wikipediaより] ロシア連邦 Zabaykalye krai ザバイカリエ地方の中国国境から 12Kmの農場で口蹄疫 ( 血清型 O, トポタイプ SEA [Southeast Asia] )発生。

[Mod. PC氏解説: …
this is the same serotype O, Southeast Asia topotype that has been identified in Japan, Hong Kong, South Korea, Mongolia, Kazakhstan, Taiwan, and Tibet. …
]

Summary
Report type: immediate notification
Start date: 5 Jul 2010 発生日 2010年7月5日
Date of 1st confirmation of the event: 18 Jul 2010
Report date: 19 Jul 2010
Date submitted to OIE: 19 Jul 2010
Date of previous occurrence: 6 May 2006 前回発生 2006年5月6日
Manifestation of disease: clinical disease 臨床症状あり
Causal agent: Foot-and-mouth disease virus (SEA [Southeast Asia] topotype) トポタイプ SEA [Southeast Asia]
Serotype: O 血清型 O

New outbreaks
Total outbreaks: 1
Outbreak 1: Abagaytuy, [Zabaykalye krai ザバイカリエ地方] ロシア連邦
Epidemiological unit: farm 農場
Affected animals
Species: cattle 畜牛
Susceptible: 2256 感染しやすい動物数 2256頭
Cases: 112 発症動物 牛 112頭
Deaths: 0
Destroyed: 0
Slaughtered: 0

Species: swine ブタ
Susceptible: 50
Cases: 4 発症 4頭
Deaths: 0
Destroyed: 0
Slaughtered: 0

Species: sheep/goats
Susceptible: 821
Cases: 0
Deaths: 0
Destroyed: 0
Slaughtered: 0

Epidemiology
Source of the outbreak(s) or origin of infection: unknown or inconclusive. Under investigation.
Epidemiological comments: the outbreak occurred 12 km [7.5 mi] away from the Chinese border. 中国国境から 12Kmの場所で発生。

Control measures
Measures applied: quarantine; movement control inside the country;
screening; vaccination in response to the outbreak(s); disinfection of infected premises/establishment(s); no treatment of affected animals

Diagnostic test results
Laboratory name and type: All-Russian Research Institute for Animal Health (FGI-ARRIAH) (OIE reference laboratory)

Species: swine ブタ
Test: enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA)
Test date: 18 Jul 2010
Result: positive

Species: swine
Test: gene sequencing 遺伝子配列
Test date: 18 Jul 2010
Result: positive

Species: swine
Test: reverse transcription-polymerase chain reaction (RT-PCR)
Test date: 18 Jul 2010
Result: positive

FMD – outbreak in eastern Mongolia – not completely eradicated

ProMED-mail Archive Number 20100707.2267
Published Date 07-JUL-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Mongolia (05): update, RFI
Date: Wed 7 Jul 2010
Source: Xinhua via Peopledaily [edited]
 http://english.peopledaily.com.cn/90001/90782/7055377.html

モンゴル国では、東部で数百万の家畜に対する口蹄疫ワクチン接種を継続している。畜牛のワクチン接種のため、政府は 326 million Tugrig [USD 239 000] を支出した。
現時点で、口蹄疫に感染した畜牛 1400頭を殺処分し埋却した (最東部 ドルノド県内)。東部の県 Khentii, Sukhbaatar, Umnugobi, Dornogobi の全家畜 710万のワクチン接種を提案 (モンゴル食糧・農業・軽工業省)。
ドルノド県東部の モウコガゼル[“Zeren” Procapra gutturosa] 約 10 000頭の群れの動きも監視している。
口蹄疫 FMDは同県内の畜牛の群れの中で 2010年4月21日 [当ブログエントリーの同国 OIE報告]見つかり [この記事では 4月22日]、それ以降、隔離を強制しているが、2010年5月14日から 4村 ( Matad, Bayantumen, Khalkhgol, Bulgan)[の患畜]は 5倍となった。