月別アーカイブ: 10月 2010

FMD – Rara VDC in Mugu – Nepal

ProMED-mail Archive Number 20101030.3943
Published Date 30-OCT-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Nepal: susp., RFI

Date: 29 Oct 2010
Source: The Himalayan Times [summarized and edited]
http://www.thehimalayantimes.com/fullNews.php?headline=Disease+claims+5+dozen+cattle+in+Mugu&NewsID=263565

ネパール連邦民主共和国 [中西部 Karnali カルナリ県] Mugu ムグ郡(district [内 24のVDCのうち]) Rara [Gilas] VDC [Village Development Committee (ネパールの最小行政単位) 村落開発委員会]で foot-and-mouth disease [FMD] 口蹄疫により、少なくとも [家畜] 60頭が死んだ。[VDC 全 9区(ward)のうち] 1, 2, 3, 4, 5, 6 の複数の村 Rum, Gilaha, Kucche, Kalai, Bista Danda, Jaisi で口蹄疫の感染拡大している。感染した畜牛は数百頭。同VDCでは現在のところ、ヤギ 40頭、乳牛 10頭、雄牛 5頭が死んだ。

ProMED-mail アーカイブ
2010年
Foot & mouth disease, wildlife – Nepal (02): susp., suggested test 20100525.1736

Foot & mouth disease, wildlife – Nepal: susp. RFI 20100523.1713
口蹄疫 FMD[が風土病である]ネパール 極西部 Mahakali Zone マハカリ県 Kanchanpur District カンチャンプール郡 [マヘンドラナガル]の Shuklaphanta Wildlife Reserve (野生動物保護地区 ヌマシカだけで 1700頭以上生息)で、口蹄疫により既に ヌマシカ swamp deer 6頭, アクシスジカ chital 3頭, イノシシ boar 3頭を含む 12頭以上が死んだ。
当ブログエントリー http://outbreaks.biz/foot-and-mouth-disease-promed-mail-twitter/

Foot & mouth disease, bovine – Nepal: RFI 20100111.0124
同国中央 [West Region 西部 Lumbini ルンビニ県(zone)] Gulmi グルミ郡(district)の Tamghas, Arkhale, Hastichaur, Jaisethok を含む 12の VDCsで、40頭もの畜牛が死んだ (多くの人々が酪農業を営んでいる)。

2009年
Foot & mouth disease – Nepal 20090625.2318
[West Region 西部 Gandaki ガンダキ県(Zone)] Manang マナン郡(district) から極東 [East Region 東部 Mechi メチ県] Ilam イラム郡まで 12郡を超える地域で家畜の口蹄疫発生した。

[以下は Mod. AS氏の解説を含む]
FAO World Reference Laboratory for Foot-and-Mouth Disease
Website http://www.wrlfmd.org/fmd_genotyping/asia/nep.htm
によると、口蹄疫風土病のネパールでは
FMD first recorded: O (1965), A (1967), Asia 1 (1984), C (1990)
Serotypes (last rpt): O (2003, 2007-2009), A (1997), Asia 1 (1997), C (1996)
と、2009年の FMD発生は 血清型 O であった。

報告日 2009年8月25日 血清型 O
トポタイプ ME-SA 遺伝子型/株 PanAsia, Ind2001, 未確定

広告

foot and mouth disease – endemic in Viet Nam

ProMED-mail Archive Number 20101027.3898
Published Date 27-OCT-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Viet Nam (02): (Lao Cai) porcine, RFI
Date: Sun 24 Oct 2010
Source: Radio The Voice of Viet Nam (VOV) News [edited]
http://english.vovnews.vn/Home/Foot-and-mouth-disease-occurs-in-Lao-Cai/201010/120738.vov

ベトナム 東北 Lao Cai (ラオカイ 老街) 省(province)[山間部にある省で、中国雲南省と国境を接する] (Pho Moi ward) Bao Thang 県(district)[人口 107 174人/2003年 Wikipedia]内の 1農家で foot-and-mouth disease [FMD] 口蹄疫の新しい発生があった (2010年10月24日、同省 veterinary branch 家畜部長発表)。
2010年10月20日の立ち入り検査で、ブタ 約198頭が感染し、高熱と口・肢の膿疱がみられた。

[Mod. AS氏解説:
SEAFMD (Southeast Asia Foot and Mouth Disease Campaign) website
at http://www.arahis.oie.int/reports.php?site=seafmd

[データ登録国 Brunei Darussalam, Cambodia, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Philippines, Singapore, Thailand, Viet Nam ]

ベトナムでは、2010年1月-9月の期間に、FMD 発生 71件。このうち 40件で検査が行われ、すべて血清型 O と確認された。同年6月-8月の 3か月は発生 ゼロだったが、9月 7件報告 (検査は 1農場のみ serotype O) あり。

The most recent FMDV serotype O isolate from Viet Nam genotyped by WRLFMD (Pirbright) dates back to 2008; it was identified as the Cathay topotype. Earlier isolates (2006), were both Cathay and ME-SA/strain Mya-98. These and additional data on Vietnamese FMD virus history are available
at http://www.wrlfmd.org/fmd_genotyping/asia/vit.htm .
]

Southeast Asia Foot and Mouth Disease Campaign

Jun 2010 - Oct 2010 foot-and-mouth disease in Viet Nam

FMD – wild Mongolian gazelle – annual winter migration to China

[追加 2010-10-26 13:30]
Archive Number 20101025.3873
Published Date 25-OCT-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Mongolia (10): St. O, antelope, RFI
Date: Mon 25 Oct 2010
From: Damien Joly

モンゴル Mongolia’s Eastern Steppe 東部ステップ地域 [同国東の大草原]のガゼル 成獣 36頭の[口蹄疫 FMD ウイルス] 血清陽性率 0% (2008年)。2000年から有意に減少 P<0.001 (ガゼルは FMDウイルスの宿主でない)。
Twitter http://twitter.com/TweetMedmail/status/28753745684


Damien Joly
Wildlife Conservation Society, Nanaimo, Canada

モンゴルの野生動物
[ウシ科..] アンテロープ亜科ブラックバック族 チベットガゼル属 モウコガゼル
[ウシ科..] アンテロープ亜科ブラックバック族 ガゼル属 コウジョウセンガゼル
[ウシ科..] ヤギ亜科 サイガ属 サイガ
など
参照 ProMED-mail Archive Number 20100526.1750

[Mod. AS氏解説:
As the above authors rightly state, this does not necessarily mean that the gazelles are an FMDV reservoir; however, they may play the role of disseminators, particularly during migration. …
In the past, certain strains of FMDV-O were recorded to be highly pathogenic for certain antelope species (e.g. Kazakhstan, late 1960’s, Israel 1985, 2007).
… ]

[以下は初回投稿]
ProMED-mail Archive Number 20101020.3800
Published Date 20-OCT-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Mongolia (09): RFI

Date: 20 Oct 2010
Source: Xinhua [新華社通信] via China Radio International (CRI) [edited]
http://english.cri.cn/6909/2010/10/20/2742s600370.htm
[ブログ投稿者注: 文章位置は原文と異なります]

Mongolia’s veterinary service and livestock breeding agency [モンゴル 国家獣医サービスおよび家畜育種改良局] 局長 Orgil 氏は [スフバータル県およびドルノド県] 計 16郡 [ソム soum]の家畜動物 31 400頭のうち、20 550頭が foot and mouth disease 口蹄疫 [FMD] ウイルスに感染し、20 346頭を殺処分した と先週発表した。
ProMED-mail Archive Number 20101013.3708 http://outbreaks.biz/2010/10/12/fmd-mongolia/

野生の [ウシ科..アンテロープ亜科…チベットガゼル属 学名 Procapra gutturosa] Mongolian gazelle モウコガゼル は FMDの感染・伝染原因の 1つとして疑われている。

移動動物である野生のモウコガゼルが、モンゴルで大損害を与えている 口蹄疫 FMDを飼育している家畜に伝染させる可能性について、中華人民共和国 Inner Mongolia Autonomous Region 内モンゴル自治区(内蒙古自治区)の牛飼いたちは懸念している。

2010年10月、内モンゴル自治区北東部 Hulun Buir Grassland フルンボイル大草原の鉄柵を 約 100 000頭のモウコガゼルが飛び越えて、中国に移動した (毎年冬に移動する)と、同自治区 Hulun Buir 呼倫貝爾(フルンボイル, ホロンバイル)市 Xinbaerhu Right Banner 新バルグ右旗 [中蒙国境線 467km Wikipedia]の 国境当局担当者が語った。
“野生動物を家畜の牧草地に近づけないよう国境警備隊が動員されている。また、ガゼルは中国では第2種の動物保護リスト対象なので、密猟に対しても警備しなければならない。”
密猟者は、その肉のためにモウコガゼルの狩猟をする。林業、保健、疾病予防を担当する地方当局は市場やレストランの立ち入り検査を国境警備隊と共同で行っている。

black quarter and FMD – Unity state – southern Sudan

ProMED-mail Archive Number 20101012.3700
Published Date 12-OCT-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease – Sudan: (WH) RFI

Date: Sun 10 Oct 2010
Source: Sudan Tribune [edited]
http://www.sudantribune.com/spip.php?article36536

スーダン共和国南部 [上ナイル地方ジョングレイ地方] Unity ユニティ州で black quarter 気腫疽と foot and mouth disease 口蹄疫[FMD]発生。[全 9郡のうち] Mayom County 内で病気が起こっていると考えられている。最近の豪雨で道路によるアクセスが遮断されていた。調査、病気拡大防止のため薬剤を持参した獣医師チームが派遣された。

[Mod. AS氏解説:
スーダンでは、 FMDは風土病である。報告されているserotype 血清型: O (2008), SAT1 (1976), A (2006), SAT2 (2008年)。
WRLFMD (Pirbright) website
http://www.wrlfmd.org/fmd_genotyping/africa/sud.htm

クロストリジウム属菌 Clostridium chauvoei 気腫疽菌による black quarter ( blackleg )気腫疽は全世界でみられ [主に、反芻獣に感染し、致死率が非常に高い Wikipedia]。OIE届出疾患リストに含まれていない。
]

foot and mouth disease – Mongolia

[追加 2010-11-17 10:13]
ProMED-mail Archive Number 20101116.4156
重複投稿 = Archive Number 20101116.4155
Published Date 16-NOV-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Mongolia (13): (HN) OIE

Date: Mon 15 Nov 2010
Source: OIE, WAHID (World Animal Health Information Database), weekly disease information 2010; 23(46) [edited]
URL http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9936&gt;

Summary
Report type: follow-up report no. 3
[モンゴル 2010年発生 2件目の OIE追跡調査報告 no. 3]
Start date: 26 Aug 2010
Date of 1st confirmation of the event: 29 Aug 2010
Report date: 15 Nov 2010
Date submitted to OIE: 15 Nov 2010

Serotype: O

New outbreaks
Outbreak 1: Khotol us, Bayanmunkh soum, Khentii
農場
モンゴル国 東部 Khentii ヘンティー県(aimag, province) Bayanmunkh バヤンムンフ郡(Bayanmönkh soum) Khotol us
発生日 D/M/Y 07/11/2010
畜牛 感染 80頭 殺処分 (Susceptible 感染しやすい畜牛 31 243頭[具体的な対応内容の記載なし]) 感染率 0.26%

対策
Stamping out [口蹄疫ウイルス]根絶
Quarantine 隔離・検疫
Movement control inside the country 国内移動規制
Screening スクリーニング
Vaccination in response to the outbreak (s) 発生後のワクチン接種(頭数)

Dornod ドルノド県
Cattle 畜牛 53 892/ Goats ヤギ 182 884/ Sheep 羊 347 843/ Swine ブタ 46

Sukhbaatar スフバータル県
Camelidae ラクダ科 10 560/ Cattle 畜牛 136 213/ Goats ヤギ 850 630/Sheep 羊 1 099 255

Khentii ヘンティー県
Cattle 畜牛 45 156/ Camelidae ラクダ科 2428/ Goats ヤギ 372 120/ Sheep 羊 496 347/ Swine ブタ 307

No treatment of affected animals

[Mod. AS氏解説:
… a rather scanty reporting record, in view of the OIE-Code requirement [国際獣疫事務局 規約による要件: 毎週の報告] for weekly submissions.

The continued incidence of disease while mass vaccinations are being carried out calls for clarification. Have vaccinated animals been affected? The inclusion of the lab test ‘non-structural protein ELISA’ may indicate that such a phenomenon (disease in vaccinated animals) may have taken place or been suspected: antibodies to viral nonstructural proteins (NSPs) can be used as indicators of infection, irrespective of vaccination status.
]

[追加 2010-11-10 18:19]
ProMED-mail Archive Number 20101109.4057
Published Date 09-NOV-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease – Mongolia (12): (HN) RFI
Date: Tue 9 Nov 2010
Source: The UB Post [edited] http://ubpost.mongolnews.mn/index.php?option=com_content&task=view&id=5524&Itemid=36

foot and mouth disease FMD 口蹄疫 [新規] 発生
Khentii ヘンティー県 [南東はスフバータル県、東はドルノド県に接する。東に東部モンゴルのステップ地帯]
発生中心は 同県北東 Darkhan ダルハン郡(Soum, sum)の Bor-Undur ボル=ウンドゥル市(Bor-Öndör 人口 8 510人 2006年 Wikipedia) から 35 km (Veterinary and Breeding Authority of Mongolia VBAM [モンゴル国 獣医および家畜育種局]発表)。

Out of 64 cows and 540 sheep and goats tested, 17 infected cows have been slaughtered and buried immediately.

So far, 25 125 heads of livestock and 125 pigs in Darkhan Soum [have been] vaccinated, which is only 14.5 per cent of the planned vaccination.
As of 8 Nov 2010, FMD in Dornod and Sukhbaatar provinces forced the authorities and herding families [to] eliminate over 24 000 heads of livestock and …

[Mod. AS氏解説:
For Mongolia’s reports to the OIE on its 2 FMD epizootics during 2010, with maps,
see http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9210
and http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9653
.]
上記内容は 当ブログエントリー下段に掲載
OIEに報告された 動物間流行病 FMD 発生は 2件で 1件目[reportid=9210]はすでに「終息」となっています。

2件目の追加分
Foot and mouth disease, Mongolia
http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9653
Start date 26/08/2010
追跡調査報告 no. 2
… … | Report Date | Date submitted to OIE | Report Type
Full report | 16/10/2010 | 16/10/2010 | Follow-up Report 2
There are no new outbreaks in this report [新規発生なし]
Vaccination in response to the outbreak (s)
Sukhbaatar スフバータル県 および Dornod ドルノド県のワクチン接種家畜数の記述のみ

[追加 2010-10-28 11:15]
ProMED-mail Archive Number 20101027.3904
Published Date 27-OCT-2010
Subject PRO/AH/EDR> Foot & mouth disease – Mongolia (11): RFI

Date: 27 Oct 2010
Source: 21food [edited]
http://www.21food.com/news/detail30178.html

モンゴル国 [南東] Sukhbaatar スフバータル県(province) スフバータル郡では、foot and mouth disease 口蹄疫 FMD の拡大が続き、日ごとに より深刻な状況となっている。同県内の多くの郡 [ソム sum, district この記事では countyを使用]で、すでに蔓延している。
スフバータル県(province)内の感染地域で[飼育している] 80 000頭の家畜のうち 5000頭超が FMDウイルスに感染したと確認された。
同省の emergency commission 緊急委員会は 18日間会議を招集したが、まだ効力はほとんどない。
FMDが益々深刻となっている主な理由は、[獣]医師や医薬品の不足、特にワクチンの acute shortage 深刻な不足である (epidemic prevision workers 疫学などによる流行分析予察官 ? の発言)。
モンゴル東部の Dornod ドルノド県 Matad 郡 [原文では Mata De County, Eastern Province of Mongolia]の Mongolian gazelle モウコガゼルによって、[隣県スフバータル県] スフバータル郡に FMDが流行したと、[不確実な情報から]臆測されている。

[ブログ投稿者注 野生動物 ガゼルについては ProMED-mail Archive Number 20101025.3873 をご参照下さい。]

[Mod. AS氏解説:
モンゴル国 大統領の 国家大会議 スピーチの一部
Mongolia’s President, Elbegdorj Tsakhia, at the Mongolian Parliament, as cited by the daily UB Post of 26 Oct 2010. The speech included the following sentence:
“The eastern Mongolian steppe [東部モンゴル ステップ/大草原] is now being devastated by foot and mouth disease for 2 months in a row [2か月続けて、口蹄疫で打撃を受けている]. The cattle … is being killed and buried in thousands”.

しかし、OIE公式報告では 最終発生は 2010年9月11日の追跡調査報告 No.1 の地域であり、上記情報は確認されていない。
http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9653
Report Date Date submitted to OIE
30/08/2010 01/09/2010 Immediate Notification
11/09/2010 11/09/2010 Follow-up Report 1
16/10/2010 16/10/2010 Follow-up Report 2

矛盾・不一致等はすでに過去の ProMED-mail で指摘した。
Archive Number 20100921.3400
Archive Number 20101020.3800
]

[追加 2010-10-13 17:25]
ProMED-mail Archive Number 20101013.3708
Published Date 13-OCT-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease – Mongolia (09): st O, vaccination

Date: Tue 12 Oct 2010
Source: Xinhua [新華社通信] via CRIEnglish.com [edited]
http://english.cri.cn/6909/2010/10/12/2681s598993.htm

モンゴル国東部の口蹄疫 FMD対策のため、中国は 100 000回分のワクチンをモンゴルに無償提供するであろう (モンゴル国政府 [12 Oct 2010])。
現在の口蹄疫対策の努力では十分でない(が、第一線の県当局などは力不足の責任を負っている)と、副首相兼国家緊急委員会 委員長 Enkhbbold Miegombo 氏発言。
2010年10月1日までに、Sukhbaatar スフバータル県 および Dornod ドルノド県下の計 10郡 [ソム soum]で FMDが発生していたが、[11 Oct 2010] 16郡に増加した (モンゴル国当局)。
現在のところ、スフバータル県およびドルノド県 計 16郡 [ソム soum]の家畜動物 31 400頭のうち、20 550頭が FMDウイルスに感染し、20 346頭を殺処分した (chairman of Mongolia’s veterinary service & livestock breeding agency [モンゴル 国家獣医サービスおよび家畜育種改良局] 局長 Orgil氏)
東部の複数[2]県の 約 240万の家畜動物にワクチン接種を実施した。
家畜育種局 livestock breeding agency は他の諸国や各国際機関に援助を求め、FMDワクチンや他の必要物品を依頼した。数か国およびいくつかの国際機関は家畜伝染病に対抗するため、モンゴル国への手助けを約束した。
ロシア連邦はワクチン 600 000回分を適正価格で販売可能になったと、Orgil氏は語った。

[以下は初回投稿]
モンゴル国 口蹄疫 2010年
[2010年発生 2件目] OIE, WAHID (World Animal Health Information Database)
Sukhbaatar スフバータル県 および Dornod ドルノド県
http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9653
2010年10月12日現在

Start date 26/08/2010
Date of first confirmation of the event 29/08/2010

Report date | Date submitted to OIE | Report Type
D/M/Y
全公式報告
30/08/2010 01/09/2010 Immediate notification
Sukhbaatar soum, Baga-3 Gun jalga, SUKHBAATAR
羊/ヤギ 592頭 口蹄疫ウイルス感染

11/09/2010 11/09/2010 Follow-up report No. 1
Teeliin bulag, Tsagaanchuluut baga, Chuluunhoroot soum, DORNOD
[この発生 02/09/2010 は ProMED-mail配信なし]
畜牛 口蹄疫ウイルス感染 17頭 殺処分

[2010年発生 1件目] OIE, WAHID (World Animal Health Information Database)
Dornod ドルノド県
http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9210
2010年10月12日現在

Start date 21/04/2010
Date of first confirmation of the event 26/04/2010

Report Date | Date submitted to OIE | Report Type
D/M/Y
終息/解決 2010年8月11日
全公式報告

04/05/2010 05/05/2010 Immediate Notification
25/05/2010 25/05/2010 Follow-up Report 1
21/06/2010 21/06/2010 Follow-up Report 2

12/08/2010 12/08/2010 Follow-up Report 3 (Resolved : 11/08/2010 – Final report)
[ProMED-mail配信なし]
追跡調査報告 3 では、新規発生報告はなく、発生の終息日 2010年8月11日
および下記のワクチン接種情報記載

Vaccination in response to the outbreak (s)
Administrative division
Species Total Vaccinated Details

DORNOD
Camelidae[ラクダ科] 2718
Swine 167
Sheep 163081
Goats 94049
Cattle 47304

ProMED-mail アーカイブ
2010年
Foot & mouth disease – Mongolia (09): st O, vaccination 20101013.3708 [当ブログエントリー]
Foot & mouth disease – Mongolia (08): (UB) bovine, RFI 20100921.3400
Foot & mouth disease – Mongolia (07): (SB,DD) bovine 20100907.3207
Foot & mouth disease – Mongolia (06): (SB) ovine, caprine, OIE 20100904.3168 [発生 26/08/2010 発生継続]

Foot & mouth disease – Mongolia (05): update, RFI 20100707.2267
Foot & mouth disease – Mongolia (04): (DD) OIE, sequencing, RFI 20100622.2086
Foot & mouth disease – Mongolia (03): (DD), control measures 20100604.1847

「モンゴル獣医サービス Mongolia’s Veterinary Services は動物間流行病の効率的制御に関して長年にわたり高く評価されている。口蹄疫 FMDについてのモンゴルの公式な対策は必要なときにワクチン接種を行う。2009年、野生動物で口蹄疫が発生したとき、続いて(恐らく地域的に)家畜のワクチン接種 (計 1 684 179頭)を行った。…」

Foot & mouth disease – Mongolia (02): (DD) bovine, OIE 20100526.1750
Foot & mouth disease – Mongolia: (DD) bovine, OIE 20100506.1474 [発生 21 Apr 2010 終息2010年8月11日]

FMD – OIE – serotype O – China

[追加 2010-10-13 09:54]
国際獣疫事務局 OIE 口蹄疫 清浄 [FMD free フリー]国・地域(ワクチン実施 有・無)
リスト
List of Foot and Mouth Disease Free Members
なお、中華人民共和国(中国)は 国内全地域で ワクチン非接種 [*]のウイルス根絶/駆除 Stamping out 対策実施中です。
[*] vaccination is not practised
[Mod. AS氏解説 再掲 ProMED-mail Archive Number 20101011.3690
http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=8988
]

[以下は初回投稿]
ProMED-mail Archive Number 20101011.3690
Published Date 11-OCT-2010
Subject PRO/AH> Foot & mouth disease – China (09): (Tibet) bovine, st O

中華人民共和国 口蹄疫 Serotype 血清型 O
チベット自治区 チャムド(昌都)地区 丁青(テンチェン)県 覚恩郷 拉格村
Date: Sat 9 Oct 2010
Source: OIE, WAHID (World Animal Health Information Database), weekly disease information 2010; 23(41) [edited]
http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9812

Summary
Report type: follow-up report no 16
Start date: 22 Feb 2010 [発生日 2010年2月22日]
Date of 1st confirmation of the event: 28 Feb 2010
Date submitted to OIE: 9 Oct 2010 【2010年10月9日報告】
Reason for notification: reoccurrence of a listed disease【再発生】
Date of previous occurrence: January 2010

[Mod. AS氏解説: 前回の発生は 2010年1月、血清型 Aと伝えられている。 reportedly, this was “New strain” serotype A; see
http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=8872
.]

Manifestation of disease: clinical disease
Causal agent: Foot and mouth disease virus
Serotype: O 【血清型 O

New outbreaks
Summary of outbreaks
Total outbreaks: 1 【発生 1件】

チベット自治区 Qamdo チャムド(昌都)地区 Dengqen 丁青(テンチェン)県 [覚恩郷] Lage village 拉格村

Outbreak 1: Lage village, Dengqen, Qamdo, Tibet
Date of start of the outbreak: 4 Oct 2010
Outbreak status: continuing (or date resolved not provided)
Epidemiological unit: village
Affected animals
Species / Susceptible / Cases / Deaths / Destroyed / Slaughtered
Cattle / 122 / 42 / 1 / 121 / 0

家畜 畜牛 感染 42頭。このうち、1頭が死んで、患畜を含む飼育 121頭を殺処分。
[Mod. AS氏解説:
口蹄疫 2010年
OIE 初回届出 2010年3月1日
現在まで 追跡調査報告 計 16 レポート (2010年10月9日公式報告まで)
中国では、ワクチン接種せず、stamping-out policy 根絶政策実施
殺処分した家畜 累積頭数
 ブタ 9545頭 (発生地域 10か所)
 畜牛 509頭 (発生地域 5か所)

 その他の殺処分の対象となった感染しやすい動物 8 328頭
  (※ 口蹄疫発生県の隣県 2県での予防対策として実施/ 追跡調査報告 no. 9)
※ 発生[D/M/Y] 20/04/2010
Yecheng, Yecheng , Kashi prefecture, XINJIANG
新疆ウイグル自治区 Kashi 喀什(カシュガル)地区 Yecheng 葉城(叶城 カルギリク)県
の発生では、隣県 2県の感染しやすい動物 計 8,328 頭も殺処分した。
A total of 8,328 susceptible animals in the neighbouring counties ( Zepu county [沢普(ポスカム)県] and Shache county [莎車(ヤルカンド)県] ) have also been destroyed.
葉城県の北に莎車(ヤルカンド)県、沢普県 [面積は小さい]が隣接している。
]